広告代理店に未来はないのか?それは既存のビジネスモデルに依存している広告代理店に当てはまる病状です。広告業界には多くの明るい未来が存在します!

広告代理店の未来を考えるブログ

テレビ広告の知識 広告の効果測定方法 広告業界の基礎知識 広告豆知識

テレビの効果測定方法

更新日:

スポンサーリンク

テレビの視聴率測定方法について!


テレビ広告の広告効果
は視聴率で判断します。
視聴率のデータは、各家庭に設置した機器により集計しています。

 

視聴率の調査方法

視聴率の測定は、無作為に抽出した家庭に調査用の機器を設置してデータを集計します。

各家庭の視聴データは、NTT回線等にて毎日集計されています。

視聴率は最小で1分単位で集計し、翌日にはテレビ局や広告代理店に報告されます。

「月9の視聴率」「今年の紅白の視聴率は」など、テレビ番組の中で発表される瞬間視聴率はこのデータをもとにしています。

 

 

調査する世帯数

視聴率調査する世帯数は、関東地区900世帯・関西地区&名古屋地区600世帯・その他の主要地区で各200世帯です。


視聴率の調査区分

テレビの視聴率は、世帯視聴率と個人視聴率の2通りの方法で集計されます。


世帯視聴率

テレビを所有している世帯のどれくらいの比率がテレビのスイッチを入れているのか?の視聴割合を示します。
普段使用される視聴率の数値は世帯視聴率となります。

 


個人視聴率

家庭の中の個人に注目をします。その個人がどのくらいテレビを見ていたか?の視聴割合を示します。
年齢、性別、職業など、より詳細なデータが必要な場合に活用します


レビ視聴率では正確な人数は把握できない

よく目にする視聴率は、関東地区の視聴率が公表指数として使用されています。

関東地区の場合、視聴率1%で「198660世帯」「431150人」が見ていた。
と公表されまので、関東地区の総人口の1%が見ていたとなります。

しかし、この数値は、調査した世帯全員がテレビを見ている。関東地区は全家庭がテレビを持っているという前提での数値です。
実際に何人が見ていたのか?正確に測定することはできません。

また、視聴率は地域ごとに測定されますので、国民全体の何%が見ていたか?という視点でとらえる指標ではないということになります。

 

視聴率を正確に理解するのは難しい・・・

視聴率を正確に理解することは難しいのが現実です。

視聴率〇〇%とうのは、国民の〇〇%が見ていた。と多くの方が認識されていますが、
そもそも、この考え方が間違っています。

「紅白歌合戦の視聴率は50%!国民の半分が見ていました!」という話しをよく聞きますが、
この考え方は間違っています。
厳密には調査をした世帯の50%がその時間にNHKのスイッチを入れていた。という状況です。

世帯数の人数を4人と想定したとして、そのうち何人が見ていたかは調査からは分かりません。
2人は外出していたかもしれません。
そして、テレビを持っていない世帯は除外されています。

そもそも、国民の相当数は家にいないで外出しています。
国民は全員テレビの前にいるもんだ。という前提が間違っています。

 

録画してみた場合は

テレビは全員が生で視聴している訳ではありません。録画して後日視聴する方も多くいます。
視聴率調査では、録画も把握しています。
生の視聴は「リアルタイム視聴」録画の視聴は「タイムシフト視聴」として記録されます。
ただし、「タイムシフト視聴」は録画後1週間以内に見ることでカウントされます。

視聴率は、簡単そうですが、世帯中心に、また地域ごとに集計される為、考え方が非常に難しい数値です。

 

 

 

テレビ 未来

 

GRPの計算方法はこちらでご覧ください。

 

 

 

-テレビ広告の知識, 広告の効果測定方法, 広告業界の基礎知識, 広告豆知識
-, , , ,

Copyright© 広告代理店の未来を考えるブログ , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。