新聞の広告効果測定方法

   2016/10/23

新聞広告の広告効果測定方法とは?

新聞広告に関するデータは、日本新聞協会のホームページに記載されています。
日本新聞協会 のホームページには、接触状況・閲読頻度・閲読時間・閲読する理由など様々なデータがありますので、参考にしてください。


新聞広告の注目率

新聞広告が見られているか?でポイントを抜粋しますと、新聞広告を見ている人は読者の74.7%。関心のある分野の商品・サービスの広告を見る人は53%となります。関心のある分野に対する注目の比率はメディアの中でも高い数値となっています。

新聞の読者は、経営者やビジネスマンが中心となっている為、ターゲットの興味に合致した場合の注目率は非常に高い傾向となります。

但し、新聞広告は広告効果が著しく減少しています。実際に新聞広告の効果が減少しているという声は良く聞きます。原因は単純です。発行部数が大きく減少しているからです。同じ広告展開をしても到達人数が減少していますので、広告効果も比例して減少します。

新聞広告の効果減少率は?

では、発行部数の減少による広告効果減少率はどの程度でしょうか?
新聞社の発表では10年間で読者は1割の減少となっています。つまり10年間で到達率は10%減少したということです。
しかし、実際は 「押し紙」の問題があり1割程度ではありません。

100万部の発行部数に掲出で申し込んだ場合、実際の発行部数は30万部~70万部と想定したほうが無難です。

新聞の効果測定に関しては「押し紙」問題があり実際の発行部数が分かりませんので正確な検証は難しいのが現状です。

スポンサーリンク


新聞広告掲載時の注意点

新聞は全国紙、地方紙、専門誌、業界紙、子供新聞など非常に種類が多くあります。新聞に広告を掲出する場合は、どの新聞に掲出するのかを充分に検討する必要があります。ターゲットに合わせた新聞に掲出するか否かで効果は大きく異なります。新聞の種類に関しては数が多く、紹介はできませんので、下記新聞協会関連ののサイトを参考にしてください。

日本新聞協会

日本専門新聞協会

地方に特化しているキャンペーンであれば、地方紙の効果が高いのが通常です。また、専門分野に特化しているのであれば、専門分野に近い専門紙をに掲出をするべきです。
大手企業のブランドイメージなどであれば、全国紙を中心に掲載したほうがインパクトはあります。読売新聞か朝日新聞が無難です。押し紙率の高い毎日新聞はやめておいた方がいいでしょう。ビジネスマンであれば日本経済新聞が効果があります。過去の経験から一番広告効果が高いのは、実は“聖教新聞”です。読者がしっかりと中身を読んでいるのだと思います。特に数値が把握できる通販系は広告効果の実感という点で聖教新聞はおすすめです。

広告掲載は、信頼度という点では今でも評価される傾向にありますので 会社の名称変更、イメージ訴求には有効な手段です。

スポンサーリンク

 

雑誌広告の効果測定はこちらです。

ラジオ広告の効果測定はこちらです。


屋外広告の効果測定
もご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。