アイドマ(AIDMA)からアイサス(AISAS)へ

アイドマ(AIDMA)の法則 とアイサス(AISAS)の法則

この2つの法則は広告の仕事をする上では必須の知識です。

 

アイドマの法則

インターネットが普及する以前、マスメディア全盛期に重宝されていた法則です。
生活者が広告を見てから購買行動に至るまでの心理を分りやすく表現しています。

 

  • attention(注意)→interest(興味)→desire(欲求)→memory(記憶)→action(行為)


のイニシャルをつなげて「アイドマ」としています。

通勤時の行動で例えて説明すると簡単に覚えられます。

残暑が残るある日の会社の帰り道に、

  • 電車内で美味しそうな新発売のビールの広告を見て(注意)
  • 美味しそうだな(興味)
  • 今日の風呂上がりに飲んでみたいな(欲求)
  • 泡がこぼれそうなビジュアルの〇〇〇が出ている発泡酒だな(記憶)
  • 家の近くのコンビニで購入(行為)

という流れです。
今でも間違ってはいませんが、インターネットの普及により、「アイドマの法則」が広告のプランニングにおいて、
活用されることは今では無いと思ってください。

アイサスの法則

インターネットの登場により、「アイドマの法則」の進歩系となったのが「アイサスの法則」です。

  • attention(注意)→interest(興味)→searchdesire(検索)→action(行為)→shere(共有)

 

のそれぞれのイニシャルをつなげて「アイサス」としています。

「アイドマの法則」と比較してみましょう。

 

残暑が残るある日の会社の帰り道に

  • 美味しそうな新発売のビールの広告を見て(注意)
  • 美味しそうだな(興味)(ここまでは一緒)
  • さっそくスマホで成分や口コミまでチェック(検索)
  • スマホの履歴があるので記憶する必要はなくコンビニで購入(行為)
  • 飲んだ後はSNSでシェア(共有)

スマートフォンの普及台数が1億台を超えた社会においては「アイサスの法則」が
基本的な考え方になっています。

アイサスの法則の変則型もありますが、まずは上記2点は基本ですので記憶しておきましょう。

※アイサスの法則にも欠点があります。この法則は新規顧客獲得からシェアされるまでを想定した法則です。
企業が継続的に売上を上げ続けるには購入後のフォロ-、つまりリピーターの存在が必要です。

『アイサスの法則』+リピート対策が必要です。
このあたりは別途説明していきます。

SNSの普及によりトリプルメディアという広告用語も重要です。

 

 

 

【Webマーケティングハンドブック 2018年度最新版!】

コメントを残す