トリプルメディアって何?

トリプルメディアとは

SNSが生活者に浸透することで登場した広告用語が「トリプルメディア」です。

トリプルメディア

インターネットの普及に伴いAIDMA(アイドマ)からAISAS(アイサス)に生活者の行動が変化しました。
トリプルメディアもSNSの普及により誕生した概念と言えるでしょう。

トリプルメディアとは、3つの要素を掛け合わせるマーケティング手法

3つのメディアを効率よく組み合わせることで、最大の効果をうみだすことが『トリプルメディア』の考え方です。

  1. オウンドメディア(Owned Media)
    所有するメディア。いわゆる自社が所有するホームページ等のことです。厳密には、チラシ・カタログ・パンフレットなどもオウンドメディアです。
    優良な情報の提供から成約まで、ユーザーに求める行動が全て完結できるように情報全ての情報が網羅されていることが理想です。
  2. ペイドメディア(Paid Media)
    言葉通り費用を掛けて(お金を支払って)購入するメディアのことです。
    ペイドメディアの大きなメリットはとオウンドメディア・アーンドメディアではリーチできない層にメッセージを届けることができることです。
    オウンドメディアと連動した内容で訴求することが重要です。
  3. アーンドメディア(Eamed Media)
    得るメディアのこと。SNSやブログなど顧客との信頼関係を築いてファンを獲得するメディアのことです。

この3つの要素を合わせて「トリプルメディア」と表現します。3つの要素を同列に説明される場合がありますが、性質は大きく異なります。

最大の違いは自社でコントロールできるか否かです。

自社でコントロールできる「ペイドメディア」と「オウンドメディア」は同じグループとして、自社でコントロールできない「アーンドメディア」は対比するメディアとして捉えるのが正確な考え方です。

SNSの普及が急速に進んだことで、情報発信の主役は企業から生活者となりました。結果として、SNSによる口コミがの影響力が大きな力を持つ時代になりました。

つまり、

自社でコントロールすることができない「アーンドメディア」が大事な時代になった!

と言えます。

 

まとめ

トリプルメディアは、1つ取り組めばOKというものではありません。それぞれを連携させることが重要です。
とくにアーンドメディアの役割は重要です。

SNSなどのアーンドメディアを中心に戦略を考えましょう。

また、「トリプルメディア」と同時に「メディアミックス」「クロスメディア」の違いもしっかりと覚えておきましょう。

 

コメントを残す