広告代理店に未来はないのか?それは既存のビジネスモデルに依存している広告代理店に当てはまる病状です。広告業界には多くの明るい未来が存在します!

広告代理店の未来を考えるブログ

コラム 売上をあげる方法 広告豆知識

中小広告代理店が売上を上げる方法

更新日:

スポンサーリンク

中小の広告代理店の売上戦略とは!

中小の広告代理店が、ビジネスで売上を上げる為には「選択と集中」が重要です。
漠然とマスメディアに依存していては売上はあがりません。

独自の優位性が必要です。広告枠の仲介をしているだけでは、大手の広告代理店には勝てません。

 

ビジネスで「選択と集中」を考える時の鉄則は「右肩上がりで競合がいない」ビジネスを探すことです。

当たり前と言われる方がいますが、多くの広告代理店は「競合が多くて右肩下がり」の仕事をしています。

「右肩上がりで競合がいない」ような“ブルーオーシャン市場”を探し当てるのは無理だという方が多いのも事実です。

しかし、極力この条件に当てはまる分野を探すことは可能です。この事を広告業界に当てはめて考えてみます。

 

広告業界の取り組むべき分野

  1. 右肩上がり⇒インターネット市場
  2. 競合が少ない⇒中小の広告主、SNS、SEOなどのマーケティング、ニッチ市場開発

中小の広告代理店が、電通、博報堂、アサツーディ・ケイなどの大手広告代理店と競合して、大手クライアントのキャンペーンを獲得できる可能性は99%ありません。

成長している分野の中で、自社が提供できる仕事を探し自社の規模に見合う広告主を探し
そして、ニッチでも成長が見込めそうな市場を開発することです。

以上を踏まえて、中小の広告代理店にとって、ブルーオーシャンとなりうる市場を検証してみます。

①インターネット市場の開発

広告業界で成長している市場は『インターネット市場』です。

しかし、インターネット広告は、大手広告代理店をはじめメディアレップなどの競合が多く、知識の無い中小の広告代理店では勝ち目はありません。

しかし、急速に、そして複雑に成長しているインターネットの世界は、多くのビジネスチャンスが埋もれています。
インターネット広告だけが市場ではありません。

インターネットが普及してマスメディアの効果が大きく減少したことで困っているのは、広告代理店だけではありません。
マスメディアに広告を掲出するだけでモノが売れていた広告主も同様です。

SNSの有効活用、自社サイトへのアクセス施策、集客から販売までの戦略などのニーズは右肩上がりです。
インターネットを活用したマーケティングを提案できる会社は、圧倒的に不足しているのが現状です。

私もインターネットマーケティングでの相談を受けることが多々あります。
多くの広告主は、インターネット集客に苦慮していることは100%間違いありません。

『インターネット集客』に関係する市場は、まさに『右肩上がりで競合が少ない』市場です。

 

②あらたな市場の開発

企業と企業がてを結ぶ『ジョイントベンチャー』が増えてきています。
最近では、ファンケルとネスレが健康飲料コラボしました。ユニクロとビックカメラのジョイントベンチャーも有名です。

競合にあたるキリンビールとアサヒビールが共同物流をはじめたのも『ジョイントベンチャー』の一部です。

少子高齢化、人口の減少が進む日本では、今後も『ジョイントベンチャー』が増えていくことは確実です。
費用の圧縮、互いの顧客を紹介する集客面など多くのメリットがあります。

ジョイント発想は、広告業界でも参考になります。

既存のメディアを組み合わせることで、新たな魅力を創出することが可能です。
既存のメディアに付加価値をつけることで、新たなメディアとして高価格で販売できる可能性もあります。


屋外メディアとインターネットを連動した集客企画
などもニーズが高い新たなメディアとなるでしょう。

 

まとめ

中小の広告代理店でも『選択と集中』で新たなビジネスモデルを構築することが可能です。
また、新たな市場を開発することで、将来に向けて大きな成長も見込めます!

 

中小の広告代理店でも取り組める『ジョイントベンチャー』も参考にしてください。
新たな方向性が見つけられるかもしれません。

 

 

 

-コラム, 売上をあげる方法, 広告豆知識
-, , , ,

Copyright© 広告代理店の未来を考えるブログ , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。