広告代理店に未来はないのか?それは既存のビジネスモデルに依存している広告代理店に当てはまる病状です。広告業界には多くの明るい未来が存在します!

広告代理店の未来を考えるブログ

インターネット広告の基礎知識 広告の効果測定方法

インターネットにも視聴率調査があります。

更新日:

スポンサーリンク

インターネットの視聴率調査

 

インターネットの調査会社は、
アメリカの「ニールセン」日本の「ビデオリサーチインタラクティブ」「ネットトレーディングス」の3社が中心です。

メディアレップ・広告代理店・広告主(クライアント)からの独自の要請も受けながら、
第三者的な立場で独自のインターネット調査をしています。

自社広告や自社サイトのアクセス解析などは、外部に依頼せずに広告主や広告代理店単独で可能ですが、
この3社は、大きく3つの調査を実施しています。

 

①インターネット広告測定

  • どのWebメディアにどれだけのボリュームの広告が出稿されているのか。
  • どの広告主が、どの広告にどれだけのボリュームの広告を出稿しているのか。
  • その統計から人気の高いWebメディアはどれか。などの調査をしています。

 

②インターネット視聴率

  • Webサイトのユーザー数、滞在時間、平均アクセス数などのアクセス解析のデータを収集。

 

③ユーザー行動測定

  • アクセスされたユーザーの属性からデータを収集します。

 

広告主はインターネット広告に出稿する場合、ユーザーに関する詳細データを求めます。

幅広く、ユーザーのデータを収集するのもこの3社の役割です。

 

広告の出稿を受け付ける媒体社は媒体資料の作成に、
広告主や広告代理店は広告プランニング時に第三者が提供するデータが必要です。

この3社による第三者的なデータは重要な指針となっています。

テレビ広告の視聴率調査におけるビデオリーサーチ社の役割をこの3社で実施していることになります。

-インターネット広告の基礎知識, 広告の効果測定方法
-, , , , ,

Copyright© 広告代理店の未来を考えるブログ , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。