インターネットにも視聴率調査があります。

 

インターネットにもテレビ同様に視聴率調査があります。

メディアレップ・広告代理店・広告主(クライアント)からの独自の要請も受けながら、第三者的な立場で独自のインターネット調査をしています。

調査会社は、アメリカの「ニールセン」日本の「ビデオリサーチインタラクティブ」「ネットトレーディングス」の3社が中心です。

アクセス解析など自社広告に関する調査は、クライアントや広告代理店単独で可能ですが、この3社は、大きく3つの調査を実施しています。

①インターネット広告測定
どのWebメディアにどれだけのボリュームの広告が出稿されているのか。
どの広告主が、どの広告にどれだけのボリュームの広告を出稿しているのか。
その統計から人気の高いWebメディアはどれか。などの調査をしています。

②インターネット視聴率
Webサイトのユーザー数、滞在時間、平均アクセス数などのアクセス解析のデータを収集しています。

③ユーザー行動測定
アクセスされたユーザーの属性からデータを収集します。広告主がインターネットに出稿する時に
男女の比率などのデータ当然必要になってきます。このようなデータ属性に関するデータを収集するのも
この3社の役割です。

媒体社はコンテンツ製作に、広告主や広告代理店は広告プランニングのデータに第三者が提供するデータが必要です。この3社による第三者的なデータは重要な指針となっています。

テレビ広告の視聴率調査におけるビデオリーサーチ社の役割をこの3社で実施していることになります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。