PDCAしてますか?

PDCAしてますか?

2016年の年初に今年の目標を立てた方が多いと思いますが、目標は立てただけでは実現できません。
その後、定期的に検証していくことが必要です(自分の行動を振り返る作業ですね)

目標の立て方はこちらを参考にしてください

目標の立て方!

広告の仕事をしていると、クライアントに対して、PDCAの重要性を話したりしますが、
広告代理店の人間は忙しさを理由に自分はしていないのが現実です。
PDCAは会社の事業に対してだけでなく、自分自身についてもPDCAをしっかりとすることが大事です。

 

PDCAとは!

PDCAとは下記4点をグルグルとサイクルさせて行動を改善していくことです。

 

  • PLAN:計画
  • DO:実行
  • CHECK:分析
  • ACTION:改善

 

まずは計画です。
年間の計画⇒半年の計画⇒3ヶ月の計画⇒今月の計画⇒今週の計画。と計画はより具体的に立てます。

ここがしっかりとしていないと何も始まりません。

この計画を元に実行⇒分析⇒改善と進めていきます。
出来れば毎月ではなく毎週PDCAを考える習慣をつけましょう。

PDCA検証の考え方

PDCAの検証はあらゆる可能性を考えます。

  • 今週は何をするのか?
  • 実行した結果、何ができなかったのか。
  • それを改善するにはどうしたらよいのか?
  • 計画を阻害した要因は何だったのか?その要因を排除することはできるのか?
  • 新しい作業が増えた結果計画に無理が生じているのか?
  • その新しい作業は計画を変更してまで実施することだったのか?

全て実行したけど結果が伴わなければ、内容を改善しなければなりません。スタッフの検討も必要でしょう。

最初は10個の改善点があっても問題ありません。この改善点を毎週、毎月と徐々に減らすことが重要です。
減らしていくことができれが結果はついてきます。

毎週、社内用に会議資料を作成していると思いますが、この内容は参考になりません。
本音と建前は違います。
自分の中で自分の行動を振り返る機会をPDCAで作るべきです。

この作業は年度の途中気がついてからでも大丈夫です。
実施しないより多少でも実施した方が結果は異なります。
PDCAを実施したことがないのであれば、これから実施してください。
必ず何かしらの発見があるはずです。その積み重ねが成功への近道に必ずなります。

 

今は1月31日の夜中の3時42分。自分も1月のPDCAをこれからしっかりと考えます。

頑張りましょう!

【Webマーケティングハンドブック 2018年度最新版!】