賢者と愚者の違い

 

ビジネスの世界では、集客⇒教育(情報提供、信頼構築)⇒販売。という段階を踏んでいくのが重要です。リアルな現場でも必要なことですが、お互いに顔の見えないインターネットの世界ではより重要なマーケティング手法となります。

最初は、安価なオファーや無料のオファーで集客を実施して、ユーザーの役に立つ情報を提供しながら信頼関係を構築して、その解決の為に自社のサービスがいかに有効なのか?を間接的に訴求することで、最終的に販売に結びつける手法です。

身近な例としては、サプリメントメーカーが、「初回1000名様限定で1000円」「初回のみ1家族1個のみ無料」として利益を度外視で集客を実施する手法です。

このような手法を、マーケティングの世界では、
「賢者は、お客様を集めるために売上をあげ、愚者は、売上をあげるためにお客様を集める」
と言われ、多くの方が実践しています。

【愚者の考え方】
目の前の売上が欲しい為に、「1日でも早く多額の売上を上げるにはどうしたらいいのか?」「PPC広告なので上記表示をして他社よりもどうやって売上を上げるか?どうやって先に売ってしまうか?」という発想です。このような考え方では、運良く販売ができてもリピートやファンの育成は出来ません。

第一段階では、売上を第一目的に集客をしています。

【賢者の考え方】
最終的なファンの育成までの長期的な展望に立ったマーケティング戦略を考えています。
最初のユーザー獲得段階では利益はありませんが、その後のファン育成の段階を通じてより大きな売上を上げていく発想です。

第一段階では、集客を第一目的に売上を上げています。

つまり、第一段階では、集客が目的ですので利益や売上は最優先ではありません。

経営的には、愚者は、戦略が無くて目の前の戦術にこだわっている。賢者は長期的な戦略があり、その先に枝葉のように戦術が連なっている。状態です。

このような発想が大事なのは、BtoCの世界だけではありません。企業と接する広告代理店のBtoBの営業でも重要な考え方です。

「売りたい商品がある。今期中の売上目標はいくらだ!」「その為の広告予算はこれだ!」というクライアントがあなたの周辺でも多いと思います。

このようなクライアントに対して、長期的な提案をするも広告代理店の戦略として重要な時代です。その結果、長期的なクライアントとの信頼の構築が出来るようになります。

広告の営業として、目の前の売上に飛びつかず、賢者の発想でクライアントに接する。

是非、意識してみてください。

 

 

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。