キュレーションサイトとは

   2016/12/08

キュレーションサイトとは、Web上で、特定の価値観に基づいてコンテンツを収集・整理して提供している“まとめ”サイトのことです。

キュレーションサイト

 

代表的なキュレーションサイトとしては、Gunocy(グノシー)・はてなブックマーク・MERY・Sumally・NAVERまとめ・Antenna(アンテナ)・キナリノ・4Meee!(フォーミー)・Locari(ロカリ)などがあります。

GunocyやMeryはCMでも良く見かけますのでご存知の方も多いと思います。
Web上に氾濫する情報をジャンルや価値観に基づいて“まとめる”ことで近年ユーザーの支持を急速に得ています。

キュレーションサイトの市場規模
2014年の市場規模は176億6000万円、2015年は286億5000万円、2017年には395億3000万円に達するという予測があります。Googleの検索数を調べても2014年以降急速に伸びていることが分かります。最近では“キュレーションサイトのキュレーションサイト”まで登場してきています。

今後の予測
キュレーションサイトは大小問わず急激に伸びています。「NAVERまとめで副業」なども流行り個人でのキュレーションサイトへの参入も増加傾向です。
当面は市場の規模は大きくなる傾向は続きますが、良質な記事を書ける人の人数には限りがあります。素人が他人の記事を引用するようなことが日常化されるようになると、サイト数の増加は良質な情報だけでなく低レベルなサイトの誕生にも繋がりますので、良質な一部のサイトに淘汰されると思っています。

いずれにしても、キュレーションサイトは、広告主にとっては、現時点では注目すべきサイトです。
広告のキャンペーン時に無視できない存在になってきています。クライアントの販売する表品・提供するサービスに関する“キュレーションサイト”の有無に関しては確認しておきましょう。イメージとしては雑誌のイメージに近い媒体ですので、特に女性をターゲットとしている場合は要チェック媒体と言えます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。