Facebook広告の使い方 ④禁止事項

 

Facebook広告を利用する前に禁止事項を確認しましょう。
新聞などのマスメディアなどと比較すると審査基準は厳しくありませんが原稿の制作前には確認しておく必要があります。Facebook広告内の「広告ポリシー」をクリックして掲載するサービスに関係にする項目はチェックしてください。

Facebook広告ポリシー

 

主な禁止事項は下記の通りです。

①「ビフォー」⇒「アフター」の訴求
ダイエット等に利用される「ビフォー」「アフター」は禁止されています。

ビフォー アフター

②暴力的・性的な広告
水着の広告など表現が微妙な部分もありますが、できる限り肌の露出は控えた方が無難です。
また、暴力的な画像、事故の画像なども抵触する可能性があります。

③掲載する文字の面積は20%以内
一番間違いが多いのがこの禁止事項です。広告に使う画像にテキストが占める面積は全体の20%を超えてはいけません。
facebookテキスト面積

理由は、画像内にテキストをできるだけ使わないほうが広告へのエンゲージメントが高まるから。が理由とされています。画像内の文字が規約を満たしているか?はFaebook内のグリッドツールで確認ができますので事前に確認しましょう。

グリッドツール
※Facebookにログインした状態で利用できます。
③は特殊な規約ですが、その他の規約に関しては一般的な常識に準じています。通用の原稿であれば問題はありませんが、原稿の制作前に確認しておいたほうが無難です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。