Facebook広告の使い方(種類)

Facebook広告の種類とは

 

Facebookのアカウントを取得したら、Facebook広告を利用できます。
ログイン後に画面右上の「プルダウンメニュー」をクリックしてください。そして「広告を掲載」をクリックします。

広告掲載

すると、広告の種類(メニュー)が表示されます。2016年3月時点で表示される広告の種類は11種類です。
Facebookのサービス以外(ランディングページなどの外部)に誘導できるのは2種類だけになります。

facebook広告種類

 

詳しく説明いたします。

①ウェブサイトへのアクセスを増やす

ランディングページなどの外部サイトへアクセスを流すことを目的としたキャンペーンの時に活用します。
ランディングページの設計と同時に作業します。

 

②ウェブサイトでのコンバージョンを増やす

コンバージョンとは、購入などの成果のことです。
つまり、成果を目的として外部サイトの「申し込み」「購入」ボタンを設置できる広告です。

※以上の①、②のみが外部サイトへの流動目的で出稿が出来る広告メニューになります。通常のキャンペーンでは、この2パターンを活用することになります。

下記の9種類はFacebook内のサ-ビスを活用したメニューです。



③アプリのエンゲージメントを増やす

アプリの販売者向けのメニューで一般の方は通常は利用しません。
アプリに対して「いいね!」などのアクションや「話題にしている」人の割合を増やす事を目的とするメニューです。

 

④投稿を宣伝

投稿する記事を広告として表示するメニューです。個人投稿、Facebook投稿ともに含みます。

 

⑤アプリのインストール数を増やす

アプリのインストールを増やす為のメニューです。
あくまでもFacebook専用のアプリのメニューに対応します。一般の方が利用することはありません。

 

⑥Facebookページを宣伝

Facebookページを宣伝して「いいね!」の拡散を目的とするメニューです。

 

⑦近隣エリアへのリーチ

営業拠点の周辺のユーザーへの訴求を目的としたメニューです。

 

⑧イベントの参加者を増やす

Facebookイベントページへのアクセスを増やすことを目的とします。
ランディングページはあくまでもFacebook内のイベントページのみとなります。

 

⑨クーポンの取得を増やす

Facebookページの「いいね!」が50件を超えた時点で出稿の権利を取得できます。
Facebookページから発行したクーポンを拡散することを目的とします。

 

⑩動画の再生数を増やす

プロモーションビデオなどのムービーを見て欲しい場合に利用します。
動画を埋め込んだ広告画面を作成して利用することが可能です。

 

⑪ビジネスのリードを獲得

最新のメニューです。スマートフォンの普及に対応して開発されました。
ユーザーの情報が入力画面に自動的に入力されますのでスマートフォンでの面倒な入力作業を省くことができます。
「送信しますか」の確認メニューもあり個人情報にも配慮しています。

 

上記がFacebookのメニューになります(メニューは時期によっては追加や変更される場合があります)

①を目的とする場合が主流かと思いますが、キャンペーンの目的に合わせてご利用ください。

また⑩の動画の再生回数を増やすことを目的としてYoutube動画を掲載する方が多くいますが、
Facebook内でYoutube動画のリンクは逆効果になります。Facebook動画を活用してください。

 

Facebookページでしてはいけない事

 

 

【Webマーケティングハンドブック 2018年度最新版!】