広告代理店売上ランキング 2014年上位40社

   2016/12/01

広告代理店の売上ランキング 2014年度の上位40社です。

下記よりダウンロード可能です。

2014年広告代理店ランキング 上位40社
前年と比較すると上位10社は多少の変動はありますが、ほぼ順位に変動はありません。

上位4社は変動ありませんが、電通、博報堂、アサツー・ディ・ケイの上位3社は不変。4位の大広と5位のJR東日本企画との差が接近していまので今後は分かりません。

どうなってしまうのか?と注目の新聞系では、朝日広告社・日本経済広告社、日本経済社は健闘しています。新聞以外の広告業務での売上が貢献しているのかもしれません。
読売広告社は勘違いされている方も多いですが、厳密には新聞系の資本が入った広告会社ではありません。

毎日広告社は、2011年時点で31位でしたが大きく売上を落として圏外にダウンしています。今後ランキング内に復活することは100%ありません。読売、朝日、日経以外の新聞系は厳しい時代が続きます。電鉄系やメーカー系のハウスエージェンシ(親会社の仕事を中心とする会社)は安定傾向です。

電鉄系(JR東日本企画、東急エージェンシー、JR西日本コミュニケーションズ、JR東海エージェンシー、メトロアドエージェンシー、京王エージェンシー、小田急エージェンシー、西鉄エージェンシー)メーカー系(フロンテッジ、アイプラネット、デルフィス)も比較的に安定しています。

上位3社を除いては、電鉄系やメーカーのハウスエージャンシー系は今後も安定した状況が続くかもしれません。やはり、バックボーンがあるのは強いです。

広告代理店 売上ランキング2015年はこちら

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。