ブログに書いてはいけない記事

ブログに書いてはいけない記事

ブログで集客されている企業の方で、勘違いされているコンテンツがあります。
全く集客が増えないと相談を受けてチェックしてみると、顧客に関係の無い記事が多々ある場合があります。

代表的なのは、自社の社員の情報が多数書かれていることです。

顧客(読者)に親しみを持ってもらおうと「今日は弊社社員の鈴木君の入社祝いでーす!」みたいな記事を書かれる方が非常に多いのですが、全く意味はありません。

個人の記事はNGな理由

個人のことを書いて効果があるのは、「有名人」もしくは「すでに集客があるブログ」だけです。
有名人がいない企業が社員のことを書いても効果はありません。

例えば、A化粧品が集客のためにブログを開始したとしましょう。
上記のような記事を書いても集客が増えない理由は簡単です。

それは、“A化粧品 鈴木君 入社祝い”と検索する人は知り合い以外では地球上に一人もいない。ということです。
いるとすれば飲み会に出席した社員だけです。


つまり、世の中の人はA化粧品の鈴木君に一切の興味はないということです。
結果として、上記のページに、Googleから直接アクセスしてくる人は世の中にはいません。

A化粧品の他のページを見ている流れで、間違ってアクセスしてくる。という可能性は0ではありませんが、
余程の美男美女で無い限り、そのまま離脱に直結します。

上記のような記事は、芸能人やすでに集客のある人気ブログ以外では意味がありません。

生活者が検索をする心理は「悩みの解決」「欲求の解決」です。自分の興味の無い記事は一切読みません。

企業が商売としてブログを実施する場合は、内輪の話はNGです。
コンテンツマーケティング」という感覚で顧客が求めている情報を提供することが重要です。

 

 

 

【Webマーケティングハンドブック 2018年度最新版!】