2016年PDCA

 

2016年PDCAから2017年のスタート!

PDCAとは、PLAN(行動)⇒DO(実行)⇒CHECK(分析)⇒ACTION(改善)です。
私は定期的にPDCAしています。毎月ブログに記載してきませんでしたが、このブログで2016年の初めに1年間の目標を立ててPDCAを記載しました。今は1年間が過ぎるスピードの速さに驚いています。

昨年1年間を振り返ると

P:①新規広告媒体の立上げ②Web集客コンサルティングのビック広告主獲得③新しいビジネスモデル(Web集客学校)の開始④インバウンドイベントの実施。という大きな目標がありました。
目標は数字ではなく長期的な資産となりうる内容を中心としています(重要!!)

①広告媒体は2メディアの開発を目標としました。2メディアともに2016年の秋には広告主を確定させてメディアの運営を開始する予定でしたが遅れてしまいました。1メディアは広告主は確定、残りは役所への届け出や工事内容の詳細決定などの事務作業のみという状況ですので達成率は8割という状況です。もう1メディアは3割程度、こちらは作業の優先順位を下げてしまったので今年の3月までには目途を付けたいと決めてます。“来週やろう”の繰り返しであっという間に1年過ぎてしまった感じです。優先順位を下げた件名の作業を簡単に引き延ばしてしまうのは“悪い癖”です。
②プレゼンは繰り返し実施。広告側の体制の都合もありで5割程度の進捗。改善点は分かっているので企画書修正中。
③作業が遅れてしまいましたが2016年10月より作業を開始。4月スタートに向けて順調に作業中。しかし年初の自分の思いよりは遅れているので4割の達成率の感覚。人手が足りないのが主な要因です。
④実施地区の都合により場所変更調整中(達成率1割)

サクッとで、かなり省略していますがこんな感じの1年間でした。1日24時間の中で睡眠時間を減らしても時間が足りない1年間でした。全体的な満足感は60点です。やりたいことの内容と比較して人手が足りない。という問題点がありますが、個人事業主としては外部スタッフの協力者をコツコツと集めている状況です。
上記目標の③はこの人手の問題を根本的に解決するビジネスモデルとして考えました。必ず成功させます。

2017年度は、
①新規メディアを100%成功させて収入源として確立させる。
②昨年度大きなプレゼンを実施しているので無駄にさせない為にも必ず事業としてスタートさせる。
③4月に必ずスタートさせる。徐々に大きくなるビジネスモデルですが2017年最大の目標です。この為の資金源として①の新規媒体は位置づけしています。
④観光地側の都合もありで自分ではどうにもならない部分が多いので人手も考慮すると優先順位は一番低いです。

自分の目標には金額の目標はありません。会社では予算があり前年比105%などは当たり前です。まず数字があり数字に合わせて内容を考えていくのが会社では普通の予算の考え方です。
会社組織ではこの様な目標の立て方は重要です。金融機関対策など会社組織としてはやらなければなりません。
しかし、個人の成長という点では意味はありません。
個人の成長として“自分はどうなりたいのか?”“数十年後に生きる為に何が必要なのか?”その為に今年は何をすればいいのか?が重要です。数字は結果です。

数字が0だと会社は倒産してしまい、個人では破産してしまいますので最低限の売上は大事ですが数字だけを追い求めると“将来の資産が何も残りません”数年後資産となることは何なのか?をしっかりと考えることが重要です。

年初は人生の目標を明確にする最高のタイミングです。あなたもこのタイミングを逃さずに大きな目標を考えましょう!

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。