目標の立て方

 

目標の考え方

新年度になると目標立て方に苦労する方が多いです。会社組織に属するさビジネスマンは予算の確定まで2週間くらいの期間を要します。個人の予算だけでなく、部の予算から会社の予算までの辻褄を合わせますので大変です。

あなたが会社に属するビジネスマンであれば会社人としての目標でなく個人的な目標を立てることが重要です。

【目標の立て方】

ビジネスマンであれば組織に属する立場として予算をしっかりと立てることは重要です。
前年度に対して105%から110%あたりの攻防でしょう。他の部署などの兼ね合いから「前年比110%で予算を組んでくれ」と会社から要請がきて予算組みするのがほとんどです。
しかし、これだと数字のマジックになってしまいます。何の根拠もなく「ラッキー」ねらいです。今月の売上を来月に回したり上期の売上を下期に回したり。の繰り返しです。1年後には何も残らず来期の予算組みがはじまります。
数字だけを予算の中心とする考え方ではなく、将来を見据えた財産形成から逆算して予算を考えることも重要です。数字に振り回されることは避けましょう。

数字から予算を考えるだけだと、あなたには何も残りません。あなたは将来の自分の財産形成を同時に始める必要があります。
会社人としての予算を立てながら、“いつ会社が倒産してもやっていける財産形成”が必要です。「今会社がt倒産しても自分には〇〇がある!」というレベルまで懸命に考える必要があります。
あなたが経営者であれば、会社の財産として数年後を見据えた財産形成を同時に考えることが必要です。

広告代理店であれば『インターネット部門』は会社にあるのか?その部門の売り上げは伸びているのか?インターネット部門の売り上げが伸びていなければ何が問題なのか?検証しましょう。新聞広告などに多くの人材がいるのであれば人員を整理しましょう。将来性の無い部門に人員を割くのは、会社としても担当者としても資産が何も残りません。

あんなに得意分野があれば徹底的にその分野を追及しましょう。なければ勉強が必要です。努力しないで性向はありません。お薦めはインターネットです。
理由は簡単です。生活者が接するメディアの中心がインターネットになっているからです。幸いにインターネットを勉強する環境は整っています。Googleで何でも情報ができます。1年間懸命に勉強すれば必ずビジネスチャンスをつかむことが出来ます。

数字中心の短期的な予算と同時に、長期的な資産形成につながる予算形成を考えましょう!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。