交通広告とは

 

交通広告とは

交通広告とは、交通機関に設置された広告メディアです。通勤・通学時間に接触する為に、高い反復接触と長い接触時間が特徴です。

交通広告の種類

交通広告は大きく4種類に分類されます。

①駅広告
駅構内に設置された広告です。駅貼りのポスター、柱巻き広告、集中貼り、フロア広告、展示、イベントなど多くの種類があります。

②電車内広告
電車内に掲載される広告です。中吊り広告、まど上広告、ステッカー広告、吊り革広告、ドア上広告、ドア横広告、ツインステッカー広告、電車内ビジョンなど多くの種類があります。

③タクシー広告
交通広告の中では唯一24時間稼働しているのがタクシー広告です。広告は車内向け、車外向けとに分かれます。車内向けの広告は訴求できる人数は少なくなりますが、限られたスペースで展開される為に訴求効果が高いメディアです。
アドケース、スーパーステッカー、サイドウィンドステッカー、ボディステッカーなどがあります。

④バス広告
バス広告はエリアが絞りやすくターゲティングの良さが特徴です。また交通広告の中では、比較的低予算での広告展開が可能です。
まどステッカー、天吊り、吊り革広告、まど上ステッカー、運転席背面広告などがあります。


テレビCMとのシナジー効果

交通広告の効果として、テレビCMとのシナジー効果が有名です。
テレビCMの接触時間は、朝の7時をピークに減少し、夜の19時以降上昇に転じて20時~21時ピークを迎えます。
9時~17時の間は特にテレビの接触時間が大きく減少します。この時間帯においてテレビCMをフォローする広告メディアとして交通広告は効果を発揮します。
AIDMAの法則やAISASの法則においても交通広告は重要な役割があります。
Attention(注目)→Interest(興味)→Search(検索)→Action(購買)→Share(共有)

テレビCMで新商品の注目・興味を持たせます。そして、電車内のメディアで再度、注目・興味を持たせます。「テレビで放映していたビールだ。美味しそうだな。身体にも良さそうだしコンビニで買って帰ってみるか!」時間があるので電車内スマホで詳細情報を検索して、コンビニで購入(購買)して帰ります。そして寝る前に「新商品の〇〇飲んだよ。」とSNSに投稿して寝る。という感じです。

最近はスマートフォンの普及により電車内の広告の注目率が低下していますが、逆に詳細情報を検索してもらえるチャンスの場でもあります。
インターネットが普及しても、通勤・通学時に多くの生活者が利用する交通広告は非常に有効な広告メディアであることは間違いありません。

 

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。