電車内広告の種類

 

交通広告(電車内広告)の種類

電車内広告は多くの種類があります。電鉄会社により掲出期間・掲出料金も様々です。電車内広告の中心的な媒体について紹介いたします。

①中吊り広告
短期集中型の広告媒体です。1車両につき1枚の掲出が基本で掲出期間は2日間と非常に短いのが特徴です。週刊誌や月刊誌の告知が多く、キャンペーンの告知にもよく利用されています。週刊誌などは通常サイズ(掲出面の半分)ですが飲料メーカーなどはワイドサイズ(1社で1カ所のスペースを全て使用)の掲出が多くなっています。


②まど上(額面)広告
掲出期間が長期なのが特徴です(1車両につき1枚掲出)沿線沿いの学校やエステ、金融機関などが多く利用しています。


③ドア横(額面)広告
B3サイズのポスターをフレームに入れて掲出します。目線と同じ高さに設置されている為、非常に注目率が高いのが特徴です。1車両につき2枚~4枚の掲出で7日間契約が基本です。


④戸袋ステッカー
ドア横(額面)広告の上部や下部に貼られるステッカー広告です。ドア横同様に視認性が高いのが特徴です。日用品の告知に多く使用されます。


⑤ドアステッカー
車外を見る視線上に掲出される為に非常に効果が高く人気のある広告媒体です。比較的高額な媒体ですが、人気の車両では満枠となりスペースが取得できないことも多々ある媒体です。


⑥ツインステッカー
ドアの上部に2カ所貼られる横長のステッカー広告です。2枚で一組の媒体の為、その特性を活用した表現手法が多く取り入れられています(左右2枚で1デザインとする演出)


⑦つり革広告
掲出される本数の多さ、掲出期間の長さが特徴です。手元という媒体特性により注目率が高いのが特徴です。


⑧電車内デジタルサイネージ広告
交通広告の中で急増しているのがデジタルサイネージです。デジタルサイネージの普及により中吊り広告が全面廃止になると話題にもなりました。当初は山手線だけでしたが、他の電鉄会社でも増加しています。今後主流となることは間違いありません。

交通広告は電鉄、車両、地区などで広告料金は異なります。ターミナル駅や山手線、銀座線などは広告メニューも豊富です。テレビなどのマスメディアの広告効果が減少している状況の中、広告戦略の中で是非取り入れておきたい広告媒体です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。