駅広告について

 

駅構内広告とは

駅広告とは駅構内での広告です。駅構内でのポスター広告、柱巻き広告、フロア広告、イベント、展示などを活用した多くの広告メニューが用意されています。

①駅貼りポスター
駅広告で最も多い広告が「駅貼りポスター」でしょう。移動中の多くの歩行者に訴求が可能です。掲出期間は7日間が基本となります。複数枚のポスターを並べる「連貼り」など広告メニューは豊富です。多くの業種の広告主に活用されています。


②柱巻き広告
駅構内の柱を広告物として活用します。数本から数十本の柱を活用することで歩行者に対して繰り返し訴求することが可能です。掲出期間は7日間が基本です。乾電池、缶ジュースなど柱の形状を活かした広告展開に適しています。


③集中貼り
訴求するターゲットに合わせて特定の駅に集中して掲出します。掲出期間は7日間が基本です。短期集中型の大規模なキャンペーンに適しています。


④自動改札ステッカー
改札を通過する時に訴求するメディアです。無理なく自然と視界に入りますので高確率での接触が期待出来ますが、接触時間が短いのでクリエイティブには注意が必要です。


⑤フロア広告
駅構内のフロアーを活用した広告です。広告サイズ・形状など比較的自由度は高くなります。掲出期間は7日間~1か月間の設定が多くなっています。駅に近い不動産情報などの告知に適しています。掲出場所を考慮すると化粧品などには適していません。

⑥駅デジタルサイネージ
電車内のデジタルサイネージ同様急速に設置数が増えています。複数の柱を連動させた媒体が中心となっていて、歩きながら特定の時間視認させることが可能です。

⑦駅構内イベント
駅構内のイベントスペースを活用してサンプリングや新商品の発表などに活用が可能です。利用できるスペースなどは駅により異なります。

⑧駅構内展示
駅構内に展示をします。イベントとは異なり一定の期間内の展示が中心となります。新車の展示によく利用されます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。