広告代理店に未来はないのか?それは既存のビジネスモデルに依存している広告代理店に当てはまる病状です。広告業界には多くの明るい未来が存在します!

広告代理店の未来を考えるブログ

コラム 広告業界の基礎知識

博報堂、大広、読売広告社2016年12月売上発表!

更新日:

スポンサーリンク

博報堂DYホールディングスより2016年12月 度の売上高が発表されました。


博報堂DYホールディングスからは、株式会社博報堂・株式会社大広・株式会社読売広告社の3社の売上高が発表されます。

 

①博報堂

  • 合計売上高:666億9500万円(前年比99.4%)
  • テレビ広告:256億7900万円(前年比91.4%)
  • 新聞広告:29億8600万円(前年比69.2%)
  • 雑誌広告:12億3000万円(前年比99.6%)
  • ジオ広告:6億9300万円(前年比97.1%)
  • インターネット広告関連:67億0600万円(前年比124.4%)
  • アウトドアメディア(屋外)関連:19億5000万円(前年比105.1%)
  • クリエイティブ関連:114億0900万円(前年比110.0%)
  • ーケティング・プロモーション関連:150億6800万円(前年比104.7%)
  • その他:9億7000万円(前年比128.8%)


電通の前年比プラスに対してマイナスとなりました。
ブラック問題を抱える電通の売上を簡単には奪い取ることはできていない状況です。
大きな比率を占めるテレビ広告の10%近いマイナスが響いています。

電通同様にインターネット関連が好調です。新聞は30%強の前年割れというひどい状況です。
新聞広告に関しては前年プラスにんる理由はありませんので。マイナス分をインターネット広告で補填している
思えば問題はありません。

広告は発注後売上げが反映するまで時間が必要ですので、2017年以降電通の売上の一部が博報堂に
なることは考えられます。


 
②大広

  • 合計売上高:103億7800万円(前年比101.6%)
  • テレビ広告:47億9400万円(前年比110.1%)
  • 新聞広告:8億6500万円(前年比108.2%)
  • 雑誌広告:1億6500万円(前年比130.0%)
  • ラジオ広告:2億2000万円(前年比92.3%)
  • インターネットメディア関連:5億0800万円(前年比137.5%)
  • アウトドアメディア(屋外):3億4200万円(前年比48.6%)
  • クリエイティブ関連:12億4400万円(前年比111.4%)
  • マーケティング・プロモーション関連:20億2300万円(前年比92.9%)
  • その他:2億1300万円(前年比66.3%)

アウトオブ関連、その他でのマイナスが目立ちますが、全体的には好調といえるでしょう。

 

③読売広告社

  • 合計売上高:55億1500万円(前年比109.8%)
  • テレビ広告:17億9400万円(前年比123.7%)
  • 新聞広告:3億9200万円(前年比116.5%)
  • 雑誌広告:8900万円(前年比94.0%)
  • ラジオ広告:1億2700万円(前年比109.6%)
  • インターネットメディア関連:2億6900万円(前年比101.0%)
  • アウトドアメディア(屋外):2億7100万円(前年比177.5%)
  • クリエイティブ関連:7億6900万円(前年比99.1%)
  • マーケティング・プロモーション関連:14億3800万円(前年比97.2%)
  • その他:3億6200万円(前年比104.4%)


大広と同様に読売広告社も好調です。なぜか新聞広告が好調です。


〇博報堂DYホールディングスのリリース内容↓
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120170112472507.pdf

-コラム, 広告業界の基礎知識
-, , , ,

Copyright© 広告代理店の未来を考えるブログ , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。