広告代理店に未来はないのか?それは既存のビジネスモデルに依存している広告代理店に当てはまる病状です。広告業界には多くの明るい未来が存在します!

広告代理店の未来を考えるブログ

コラム 広告費の推移

電通2017年1月度決算発表

更新日:

スポンサーリンク

電通2017年1月度の売上高(単体)が発表されました。


売上高は1594億3100万円で、前年比109。7%となりました。

前月2016年12月度の前年比103。4%より大きく数字を伸ばしました。

ブラック問題の影響を感じさせない状況です。

株価も1年単位でみると、最も高かった2016年5月時まで回復。
全体的には好調な状況ですが、

詳細を見てみましょう。

 

【2017年1月】

  • 合計売上高:1594億3100万円(前年比109.7%)
  • テレビ広告:489億1600万円(前年比96.4%)
  • 新聞広告:82億8900万円(前年比96.9%)
  • 雑誌広告:9億8700万円(前年比78.5%)
  • ラジオ広告:11億2400万円(前年比104.2%)
  • インタラクティブメディア:66億7900万円(前年比121.3%)
  • OOHメディア:45億7400万円(前年比110.6%)
  • クリエイティブ:116億2900万円(前年比94.2%)
  • マーケティング・プロモーション関連:120億7400万円(前年比109.9%)
  • その他 :651億5400万円(前年比128.3%)


全体では前年比10%アップですが、マスメディアはラジオ広告を除いては前年割れになっています。
雑誌広告は不調が続いています。
新聞広告は前年割れですが、97%と健闘しています。

前年比121%のインターネット広告が大きく伸びているのが好調の要因でしょう。

 

 

電通2017年1月売上高

 

-コラム, 広告費の推移
-,

Copyright© 広告代理店の未来を考えるブログ , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。