2017年度日本の広告費予測

   2017/07/12

2017年度の日本国内の広告費の予測が「日経広告研究所」より発表されました。


日経広告研究所の予測によりますと、2017年度の日本国内の広告費は前年度比で2.2%増となっています。

(要因)
2017年度は海外経済が徐々に好調となり輸出が増加。引き続きの政府の景気対策による内需下支えも重なって景気は緩やかに拡大傾向となる。
マスメディアに関しては、4媒体で0.3%増となり、2016年度の0.1%減から一転わずかですがプラスに転じると予想しています。インターネット広告費に関しては14.9%増と予測。2ケタ成長に変わりはありません。

(詳細)
日本国内の広告費の2.2%増の内訳は、上期が2.4%増、下期が2.0%増となっています。
上期はテレビ広告が1.7%増、ラジオ広告が1.7%増で推移、一方で新聞広告は4.3%減、雑誌広告は5.7%減、折込・ダイレクトメールは0.9%減、交通広告は0.8%増、インターネットは15.1%増と予測。
下期はテレビ広告が1.5%増、ラジオ広告が1.5%増、新聞広告が4.1%減、雑誌広告が5.7%減、交通広告は0.8%増、折込・ダイレクトメール1.0%減、インターネット広告は14.7%増と予測しています。

結果、2017年度の通期では、テレビ広告1.6%増、ラジオ広告1.6%増、新聞広告4.2%減、雑誌広告5.7%減、ラジオ広告1.6%増、交通広告0.8%増、折込・ダイレクトメール0.9%減、インターネット広告は14.9%増と予測なります。

新聞と雑誌という紙メディアの衰退は止まりません。5%減というのは新聞広告の場合2015年度で全体の売り上げが5679億円ですので、300億年のマイナスとなりますので、業界としては大変な数値です。
これが毎年続く訳ですので大変です。一方でラジオ広告は衰退に歯止めがかかり、今後も横ばいは維持していくのではないかと予想しています。

 

2017年4月から6月の売上発表

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。