起業のタイミング!

起業・独立のタイミング(サイン)を見逃さない!

サラリーマンから個人事業主として起業する人が急増しています。特に広告業界は顕著です。
私の回りでも多くの方が個人事業主として独立しています。

独立起業して成功する為にはタイミングがあります。
そして、このタイミングには必ずきっかけとなる “サイン”が存在します。この“タイミング(サイン)”を見逃さないのが成功への第一歩です。

※起業に興味のない人にはこのサインはきません。
サラリーマンとして定年を向かえて平和に老後を送るのか?(今の時代無事に定年まで会社に入れる確率のほうが低いですが)個人事業主として定年とは縁のない自由で裕福な人生にチャレンジするのか?どちらが幸せかは人それぞれの価値観です。

起業のサインとは

  • 自分と価値観の違う方向に会社が向かっている
  • 考えられないレベルの役員が転職または天下りしてきた
  • 役員が自分に甘く、会社の業績に関係なく飲み歩いている
  • 上司が自分のヘマを部下の責任にしている
  • 会社の業績が急激に悪化しそうだ
  • 自分の担当部署が不当に他の部署に吸収される(役員の好き嫌いで判断)
  • 会社の会議が、あり得ないレベルで急増してきた(非常に危険です)
  • とにかく役員クラスのレベルがひどい
  • いまだに、ゴルフと飲み会が重要だと持っている役員が多い

このような事を、単なる不満ではなく今まで以上のレベルで感じた時は、“人生を考えるタイミングとチャンス”が目の前にきているサインです。起業して成功する人はこのサインを退社のタイミングと判断し起業に踏み切っています。

上記に当てはまるような会社が、未来永劫存続することはありません。飲み屋で「愚痴」を言っているだけでは何も解決しません。

この“サイン”を感じ取って、誰よりも早く行動した人はチャンスをつかむことができる可能性があります。

特に会議の急増は危険です。日々の行動の目的が会議中心となり、会議で報告することを捻出するために日々行動するようになります。
会議の為に様々なことが振り回されるので、社員全員がクライアントファーストとはかけ離れた行動をするようになります。

最近は、会議の為の会議を実施する会社が増えてきています。会議を上手く乗り切る為の作戦会議ですね。会議で半日がつぶれます。

このような会社が成長することは100%ありません

世の中の出来事には必ず意味があります。
何か普段と違う“予感”みたいな感覚があった場合は自分に対する何かのサインです。
仕事でも“いやな予感”がしたら高確率でトラブルに発展します。 「あー!あの時そう思ったんだよな!」では遅いのです。

私も散々経験してきました。「あの時!」という感情です。
直感は非常に大事です。会社の将来に不安を感じた場合、行動を早くすることが重要です。自分に対する“サイン”を敏感に感じ取る習慣を身につけましょう!

 

【Webマーケティングハンドブック 2018年度最新版!】