メディア接触率調査(2017年度)

 

2017年度のメディア接触状況は?

株式会社博報堂DYメディアパートナーズより、2017年の「メディア定点調査」の結果が発表されました。

 

メディア接触調査とは?

「メディア定点調査」は、2006年から1年に1回実施されています。
3大都市(東京・大阪・愛知)と高知県の4地点に住む15~69歳の男女2,496サンプル(東京631、大阪618、愛知618、高知629)から回答を得ています(
調査は2017年1月26日~2月10日の16日間にて実施)

調査対象となるメディアは「テレビ」「新聞」「雑誌」「ラジオ」「パソコン」「タブレット端末」「携帯電話&スマートフォン」の7メディアとなっています。

 

調査結果の要約

調査結果によると、2017年は、「タブレット端末」を除く全てのメディア接触時間が減少しています。
結果として、1日当たりのメディア総接触時間が、昨年度の平均393.8分(1週間)から378.0分(1週間)に減少しました。1週間で16分間の減少です。
今回の特徴は、今まで増加が続いていた「携帯・スマートフォン」の接触時間が減少したことです(2016年の90.7分間から2017年の90.22分間へ)
しかし、他のメディアの接触時間も減少していますので、タブレットを合わせたモバイル端末(タブレット端末+携帯/スマートフォン)の総時間に占めるシェアは増加していており、30.5%と調査以来初めて3割を超えています。
モバイル端末と接触する方向は変わりませんが、テレビなどとの接触時間もまだ必要であり、モバイル端末と接触する時間が限界に達しているのかもしれません。

接触時間では、全てのメディアにおいて、1時間未満のライト接触層の比率が増加しています。

また、情報に対する調査によると、「インターネットの情報は、うのみにはできない」が7.3ポイント上昇(2016年度の71.7%から2017年度の79.0%)「世の中の情報量は多すぎる」が約10ポイント上昇しています(2016年度の42.11%から2017年度の52.0%)

知り合いの口コミは信用するが、DeNAによるキュレーションサイト問題などにより他人の情報は単純に信じることは出来ないという認識が広がっているのでしょう。

また、40代から60代以降のスマートフォンの普及率が伸びている点も見逃せません。
若年層のスマートフォンの接触時間は限界にたっしているかもしれませんが、高齢者のメディアの接触時間が、既存のマスメディアからスマートフォンに変化する流れはこれから本格的に始まるかもしれません。

PDFは下記よりダウンロード可能です⬇

博報堂DYメディアパートナーズ調査資料

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。