全国の主要新聞発行部数2018年4月度

全国の主要新聞発行部数2018年4月度

2017年12月続いて、2018年4月の全国の主要新聞の発行部数を確認しましょう。

新聞社の発行部数は、ABCより発表されます。
発行部数を確認するには、ABCの数字を参考にすることになります。
発行部数を確認する時に注意しなければいけないのは、【発行部数=実売部数】では無いということです。

雑誌であればキオスクやコンビニで売れ残りは発生します。
売れ残った部数を発行部数からマイナスした部数が実売の部数になります。
その部数は毎号異なりますので、ある程度過去の数字から推測することになります。

そして、この部数を把握する時に最も気を付ける必要があるのが【新聞の部数】です。
雑誌と異なり、印刷部数と実際の読者数との乖離が非常に激しくなっています。
いわゆる『押し紙』『残紙』問題です。

新聞社の場合は、ABCより発表された販売部数より、『押し紙』により実際の実売部数は相当数少なくなります。

では、早速2018年4月の発行部数を確認してみましょう。

主な全国紙の発行部数( )内は前年同月比 ※印は前月比

『全国紙』5紙の発行部数です。

●2018年4月度

  1. 読売新聞:8,474,483部(前年比 -337,249部)※前月比:-29,158
  2. 朝日新聞:5,948,270部(前年比 -294,948部)※前月比:-32,227
  3. 毎日新聞:2,842,426部(前年比 -207,827部)※前月比:6,686
  4. 日本経済新聞:2,430,953部(前年比 -285,510部)※前月比:18,966
  5. 産経新聞:1,522,427部(前年比 -72,428部)※前月比:4,561

2017年度まで600万部をキープしていた朝日新聞社が2018年度に入り、500万部台にまで減少しました。
内部情報として、『押し紙』を考慮すると300万部台になっている。というリークもありますので、かなり厳しい状況です。

読売新聞や朝日新聞は、『押し紙』率を30%程度を考えて、公表数字に対して5掛けから7掛け程度と考えれば間違いありません。

一方で3大全国紙に含まれると言われている毎日新聞ですが、『押し紙』率は70%と言われていますので、
実際の発行部数は100万部を切っている可能性があります。
全国紙というよりは、ブロック紙もしくは、大手の地方紙と考えれば、それなりの部数ではあります。

 

発行部数から見る疑問点

 

新聞の発行部数は、毎回疑問点が多くありますが、2018年4月においては、毎日新聞と産経新聞が、前月比でプラスとなっていることが疑問となります。
毎日新聞社は前月比で6,686部のプラスです。

前回も記載しましたが、新聞を解約する人は毎月必ずいます。
前月比でプラスということは、過去の数字から毎月̠マイナス2万部以上とした場合、3万部程度の契約を新規で獲得したことになります。

今の時代に新規で、毎日新聞に1か月間で3万人の契約があったというのは、異常に不自然です。
これが『押し紙』対策です。

主な地方紙の発行部数( )内は前年同月比 ※印は前月比

●2018年4月度

  1. 北海道新聞:980,258部(前年比 -27,612部)※前月比:-7,454
  2. 東京新聞:469,572部(前年比 -16,113部)※前月比:487
  3. 神奈川新聞:177,779部(前年比 -8,269部)※前月比:151
  4. 中日新聞:2,274,240部(前年比 -94,515部)※前月比:-76,540
  5. 西日本新聞:612,811部(前年比 -27,384部)※前月比:-7,321

2017年12月まで100万部をキープしていた北海道新聞が100万部割れとなりました。
中日新聞は部数が非常に多いですね。全国紙レベルと言えます。

 

まとめ

2018年4月度時点の、新聞社の総発行部数は、36,320,941部となっています。
前年比では、-1,496,636部となり、1年間で4%程度のマイナスです。

各新聞社もデジタル化をどう進めるか?
今が大きなターニングポイントです。

※各新聞社のデジタル化への取り組みは注目しておきましょう。

 

新聞社の発行部数と売上の推移はこちら!

 

※最新!日本の広告費2017年度はこちら!

【Webマーケティングハンドブック 2018年度最新版!】