全国の主要新聞発行部数2018年4月度

全国の主要新聞発行部数2018年4月度

2017年12月続いて、2018年4月の全国の主要新聞の発行部数を確認しましょう。

発行部数はABCより発表されますが、
新聞社の場合は、実際の部数というより『押し紙』戦略の部数と捉えて考察すると興味深いといえます。

主な全国紙( )内は前年同月比

●2018年4月度

  1. 読売新聞:8,474,483部(-337,249部)※前月比:-29,158
  2. 朝日新聞:5,948,270部(-294,948部)※前月比:-32,227
  3. 毎日新聞:2,842,426部(-207,827部)※前月比:6,686
  4. 日本経済新聞:2,430,953部(-285,510部)※前月比:18,966
  5. 産経新聞:1,522,427部(-72,428部)※前月比:4,561

2017年度まで600万部をキープしていた朝日新聞社が2018年度に入り、500万部台にまで減少となっています。
内部情報として300万部台というリークもありますので、かなり厳しくなってきています。
押し紙率70%の毎日新聞は100万部を切っている可能性は高いでしょう。

しかし、毎日新聞と産経新聞が、前月比でプラスとなっています。毎日新聞社は6,686部のプラスです。

前回も記載しましたが、毎月解約する家庭は必ずいます。
プラスということは、毎月̠マイナス2万部以上とした場合、3万部の契約を新規で獲得したことになります。

『押し紙』対策とはいえ、プラス発表はちょっとやりすぎでしょう。

決算月とは関係のない月にプラス発表というのは、新聞社の「押し紙」戦略としては、よくあるパターンです。
注目度の低い月にサクッと少しだけプラスにしておく『押し紙戦略』です。

主な地方紙( )内は前年同月比

●2018年4月度

  1. 北海道新聞:980,258部(-27,612部)※前月比:-7,454
  2. 東京新聞:469,572部(-16,113部)※前月比:487
  3. 神奈川新聞:177,779部(-8,269部)※前月比:151
  4. 中日新聞:2,274,240部(-94,515部)※前月比:-76,540
  5. 西日本新聞:612,811部(-27,384部)※前月比:-7,321

2017年12月まで100万部をキープしていた北海道新聞が100万部割れとなりました。
神奈川新聞は前年比で8,269部マイナスですが、3か月間ではマイナス90部。

4月以降『押し紙』調整に入っているかもしれません。

東京新聞も前月比でプラス487部。
主要新聞10社すべてが前年比マイナスにも関わらず、4社が前月比プラスということは、4月度はプラスにする戦略月なのかもしれません。

まとめ

2018年4月度時点での総数としては、全国の新聞の部数で、36,320,941部となり、前年比-1,496,636部となっています。1年間で約4%程度のマイナスです。公表レベルで4%のマイナスですので、相当厳しい状況であることは予想できます。

各社とも厳しい状況ですが、引き続き、各新聞社のデジタル化への取り組みは注目しておきましょう。

 

新聞社の発行部数と売上の推移はこちら!

 

※最新!日本の広告費2017年度はこちら!

【Webマーケティングハンドブック 2018年度最新版!】