SNSの投稿で注意すること!

何気なく利用しているSNS。
しかし、SNSの投稿には注意しなければいけないこともあります。

個人情報は簡単に手に入る時代です。
特に、お子さんがいる家庭の方は、できるだけ注意するようにしましょう。

 

SNSの投稿で注意すること

SNSの投稿で注意することは、大きく4点です。

①人の悪口(誹謗中傷)は書かない

これは基本です。SNSだけでなくブログ(アメブロ)などでも決して投稿してはいけません。

Facebookなどの個人情報を掲載しているSNSでは、誹謗中傷を投稿する人は少ないのですが、
個人情報の不要なブログなどで投稿する人がいます。
特に個人が特定できるような投稿はしてはいけません。

名誉棄損に該当するような投稿の場合、個人情報を掲載していなくても、『IPアドレス』で投稿者の個人情報を調べることは可能です。

つまり、匿名の投稿でも個人の特定は可能だということです。

名誉棄損に該当するような、会社の同僚や上司に対する誹謗中傷などは投稿してはいけません。

もし、他の人が投稿していても、積極的に参加しないほうが無難です。

 

②むやみに写真を投稿しない

写真を毎日のように投稿している人がいますが、写真は情報の宝庫です。

撮影日時だけでなく、位置情報をONにしている場合は撮影場所が分かります。
旅行などの時に、位置情報は便利ですが、写真を撮影する時は、『位置情報はONを解除する』習慣を付けましょう。

家の場所、会社の場所、よく行くお店の場所が分かると、その人の生活範囲(行動範囲)が容易に判断できます。

特に女性の方、お子さんは注意しなければいけません。

写真は気楽に投稿しすぎないこと!

 

③個人情報は簡単に掲載しない

写真の投稿に通じることですが、氏名、住所、年齢、そして電話番号まで掲載する人がいます。
Facebookのような『友達つながり』は別ですが、個人情報は安易に掲載してはいけません。

氏名が分かるだけで、勤務先などを想定することは比較的容易です。
名前と仕事内容(業種)、職場の場所が分かれば、結構な割合で分かっても不思議ではありません。

すると、『この人今何しているのか?』分かってしまいます。

名前で商売している有名人ではありませんので、個人情報は掲載しない習慣を付けましょう。

 

④著作権と肖像権に注意

多くの方が『全く気にしていない』のが著作権と肖像権です。

  • 著作権:写真を撮影した人、画像を制作した人が権利を持っています。
  • 肖像権:写真に写っている人が持つ権利です。

 

インターネットを利用すれば、無数の画像や写真を検索することが可能です。アイドルの写真なども無限に検索することができます。

お子さんなどは、アイドルの写真など転載したくなると思いますが、インターネット上の画像や写真は転載不可になっているのが普通です。

つまり、第三者の誰かが、権利を持っているということになります。

また、街中で写真を撮影した時に、第三者の顔が認識できるレベルで写っている場合、
この方の了解なしには、この写真を投稿してはいけません。これは、肖像権の侵害となります。

他人が写っている写真は投稿しない。というのは常識です。
どうしても、投稿したい場合は、個人が特定できないようにモザイク処理をしなければいけません。

インターネット社会では、個人の権利は尊重されているということです。

ちなみに、Googleで検索した画像も自由に使用することはできません。

Googleで検索した画像を利用してよいか?を調べる方法は下記の通りです。

Googleで画像の利用状況を調べる方法

ジャニーズの『嵐』を例に説明してみましょう。

最初にGoogleに『嵐』と入力しますね。

 

 

そして、『すべて』ではなく『画像』を選択しますね。

すると、『嵐』の画像が多数検索されます。
この『嵐』の画像は自由に転載してよいか?はこの時点では分かりません。

自由に転載できるかわかる方法は『設定』により操作します。

では、自由に転載できる画像の検索方法をお伝えします。

最初に、画像の3つ右隣の『設定』をクリックします。
すると下部のような項目が表示されます。

 

 

すると、『ライセンス』の欄が『ライセンスでフィルタリングしない』になっています。

この状態で表示されている画像は、自由に利用してはいけない。という状況になっています。

ここで、この『ライセンス』の項目の設定を変更します。

 

『自由に利用または共有できる』に変更をします。

この設定で表示される画像は自由に利用できるということになります。

 

すると、アイドルの『嵐』の画像は全て表示されなくなり、天候などの『嵐』の画像だけになります。
つまり、アイドルの『嵐』の画像は自由に使用してはいけない。ということになります。

ネット上の画像を利用したい場合は、必ず上記の設定にして検索するようにしましょう。

それでも心配な方は、フリーのサイトから利用しましょう。全て権利がクリアされていますので、安心して利用できます。

下記サイトであれば、無料で安全に利用することが可能です。

 

【写真素材 足成】
http://www.ashinari.com/

【写真AC】
https://www.photo-ac.com/

【ぱくたそ】
https://www.pakutaso.com/

【Pixabay】
https://pixabay.com/ja/

 

※Pixabayは、尺は短いですが動画も無料で利用できます。
ブログをされている方には非常に便利だったりしますね。

 

 

 

 

 

【Webマーケティングハンドブック 2018年度最新版!】