マーケティングって必要なのか?

そもそもマーケティングって何なの?

物体として、姿が見えない『マーケティング』
多くの方にとって、何となくボヤーっとしているのが『マーケティング』です。

広告に興味の無い人にとっては、『企業に必要ない』『営業が売ればOKだろ!』『マーケティング部』なんて何もしてないだろ!なんて人もいます。

しかし、企業にとって非常に大切なのが『マーケティング』なのです。

 

 

 

 

マーケティングは生命線

世の中で働く多くの方はビジネスマン、OLです。毎月25日になれば、何もしなくても口座に給料が振り込まれます。

この給料を払っているのは誰でしょうか?

それは!『社長です!』なんて思ってないですよね。
あなたの給料を払っているのは社長ではありません。

 

あなたの給料を払っているのは【顧客】です。

 

企業が、今日も明日も明後日も、そして来年も存続しているのは、会社に売上があるからです。
その売上げは、顧客が商品やサービスを購入してくれるから入金されるのです。

その結果、あなたに給料が振り込まれるのです。

会社の備品が揃うのも、工場が建設できるのも、研究所で商品開発ができるのも、気兼ねなく通勤の交通費が使えるのも、全て、顧客がお金を使ってくれるからです。

『社長』は、お金の使い道の決定権を持っているだけです。
顧客がお金を使わなくなったら、社員に給料を払うことができないんです。

 

そうならない為に必要な仕組みが【マーケティング】なのです。

 

企業の中枢は【マーケティング】

顧客に、自社のサービスや商品を購入し続けてもらう為に【マーケティング】が必要なのは分かりましたか?
では、マーケティングとは実際にどのようなことをするのでしょうか?

【マーケティング】とは、企業が継続的に売り上げを維持する仕組みを作ることです。

  • 自社の顧客は誰なのか?
  • どうしたら知ってもらえるのか?
  • どうしたら購入してもらえるのか?
  • ファンになってもらうにはどうしたらいいのか?
  • 売り場に来てもらうにはどうしたらいいのか?
  • そもそも生活者のニーズは何なのか?
  • いくらなら顧客は購入してくれるのか?
  • どんな方法で購入してくれるのか?
  • 果たして満足しているのだろうか?

 

このような事を考えて構築するのが【マーケティング】です。

広告、営業、仕入れ、人事、総務・・・・・すべては【マーケティング】を中心に構築されるのが普通の姿と言えます。

そして、マーケティング活動の重要なパーツの1つが広告なのです。

広告代理店で働く方は、誰よりもマーケティングの意識を持つことが重要だということですね。