テレビCMの購入から放映までの流れ

テレビCM発注の流れ

テレビCMの放映までの流れ

テレビCMのGRPの考え方いついて、説明させていただきましたが、
購入(発注)から放映までの流れについてもう少し詳しく説明いたします。

テレビCMの購入から放映まで

テレビCMの放映に際し関係する企業は3社です。

  1. クライアント(広告主)
  2. 広告代理店(広告会社)
  3. テレビ局

この3社間で調整を実施することになります。

オリエンテーション

①クライアントより広告代理店にテレビCMを含めた広告展開のプランニングを依頼(オリエンテーション)

プレゼン(プレゼンテーション)

②広告代理店より、オリエンテーションに基づいた提案を実施

発注

③プレゼン内容に基づき発注

発注(テレビ局)

④広告代理店は、テレビ局サイドに対し、クライアントの希望内容を発注し調整作業

再提案

⑤テレビ局と調整した内容をクライアントに報告(再提案)

最終発注

⑥クライアントと調整した内容を元に最終発注作業→放映。

実際は、希望内容と違ったり、素材審査があったりなど、細かな作業がありますが、大まかな流れは上記の様になります。

 

GRPの考え方

 

テレビCMは「どれだけ多くの視聴者にメッセージを届けることができるか(リーチ)」が重要です。
その為に重要となる指標が「GRP(延べ視聴率)」です。

考え方は非常にシンプルで、視聴率10%の時間帯にテレビCMを100本放映すると「10✕100=1000」で1000GRPとなります。

この時に、この1000GRPをどのような内容とするか?がポイントとなります

日用品の様に、ターゲットが幅広く「出来るだけ多くの人にメッセージを届けたい」場合は、
視聴率の大きな時間帯に放映をします。
(視聴率が大きいということは、より多くの人(幅広い層)がテレビを見ていると想定されます)
しかし、放映の価格も高価になりますので、放映できる本数は少なくなります。

逆に、「ターゲットを絞りたい場合(コアなゲームなど)」は視聴率の少ない時間帯に放映をした方が良いということになります。
(ターゲットが絞れるということは見ている時間帯も絞ることが可能となります)
この場合は、価格が安価になりますので、放映できる本数が多くなります。

まとめ

テレビCMは、どれだけ多くの視聴者にメッセージを届けるか?を中心としながら、
幅広い層なのか?ターゲットを絞るのか?も複合的に検討しながら放映することが重要となります。

この為には、広告代理店のセンスやテレビ局との関係性なども重要となります。

広告代理店は、特定に分野を得意とする場合もありますので、よく考えて発注することが重要です。

 

 

コメントを残す