広告代理店ランキングから広告業界の変化を探る

投稿者: | 2023年1月16日
広告代理店ランキング

広告業界は、かつてないほど急速に変化しています。
デジタルメディアやインターネット広告の普及により、従来の広告の重要性が低下し、広告代理店は新たな取り組みへの必要性が増しています。

今回は、広告代理店のランキングや知名度がどのように変化しているのか。
業界に押し寄せる変化にどのように対応すればよいのかを解説します。

広告業界の全体像を把握したい方は、ぜひご一読ください。

広告業界を取り巻く環境の変化

デジタル時代の到来は、従来の広告のあり方に大きな変化をもたらしました。
デジタルメディアはあらゆる広告戦略において重要な位置を占めるようになり、
企業は競争力を維持するために新しいデジタル環境に適応していかなければならなくなりました。

テレビ、ラジオ、そして印刷物の広告は、
ソーシャルメディア、ウェブサイト、モバイルアプリなどのデジタルプラットフォームに取って代わられつつあります。

その結果、従来のマーケティング手法は、広告の世界でかつて持っていたような影響力を持たなくなりました。

また、テクノロジーの変化により、データと分析への注目も高まっています。

企業は、消費者を理解し、ターゲットを絞った広告で的を射たメッセージを届けるために、
ますますデータに頼るようになっています。

従来のメディアプラットフォームの衰退とデジタルメディアの台頭は、
広告代理店のランク付けや評価の仕方にも影響を及ぼしています。

かつては、マスメディアに影響力を持つ伝統的なエージェンシーが大きな評価を得ていました。
しかし、デジタル技術の出現により、現在ではデジタルソリューションを専門とするエージェンシーが上位に進出しています。

2022年度の広告代理店ランキング

2022年度の広告代理店ランキングを2015年度のランキングと比較します。

2015年度時点でもデジタル系のエージェンシーが上位に進出しています。

  1. 株式会社電通(総合広告代理店)1兆5351億円
  2. 株式会社博報堂(総合広告代理店)6587億円
  3. 株式会社アサツー・デイ・ケイ(総合広告代理店)3520億円
  4. 株式会社サイバーエージェント(デジタルエージェンシー)1421億円
  5. 株式会社大広(総合広告代理店)1400億円
  6. デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(デジタルエージェンシー)1174億円
  7. 株式会社ジェイアール東日本(交通系ハウスエージェンシー)1052億円
  8. 株式会社東急エージェンシー(交通系ハウスエージェンシー)954億円
  9. 株式会社読売広告社(総合広告代理店)716億円
  10. 株式会社オプト(デジタルエージェンシー)640億円
    ※赤字がデジタルエージェンシー

2022年度はデジタルエージェンシーの進出が、より顕著になっています。

国内 広告代理店売上ランキング【最新2022年版】

  1. 電通グループ(総合広告代理店)4兆4,982億円
  2. 株式会社博報堂(総合広告代理店)9,070億円
  3. 株式会社サイバーエージェント(デジタルエージェンシー)6,665億円
  4. 株式会社アサツー・ディ・ケイ(総合広告代理店)3,529億円
  5. デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(デジタルエージェンシー)2,083億円
  6. 株式会社ジェイアール東日本(交通系ハウスエージェンシー)1,208億円
  7. 株式会社大広(総合広告代理店)963億円
  8. デジタルホールディングス(デジタルエージェンシー)888億円
  9. 東急エージェンシー(交通系ハウスエージェンシー)851億円
  10. アイレップ(デジタルエージェンシー)810億円
    ※赤字がデジタルエージェンシー

TOP3の一角を占めていたADKが4位になっていること。
また、大広も長い期間4位を占めていましたが、7位にまで順位を下げています。

近い将来には、半数以上を占めることになります。

広告代理店ランキングはどのように進化しているか

 

デジタル技術の普及に伴い、「従来のマーケティング戦略」と「デジタル広告の最新トレンド」
を融合させることができる広告代理店が最も成功していると言えます。

そのため、広告代理店のランキングも変化しており、新規参入組が上位のシェアを占める傾向となっています。

そのような広告代理店は、
新しい戦術を駆使してターゲット市場を洞察し、デジタル技術を最大限に活用することに注力しており、
ランキングを上げています。

また、SNSなどの普及により顧客サービスの重要性も明らかになり、
上位の広告代理店は、最初から最後まで、優れた顧客体験を提供することに重点を置いています。

そして、デジタル技術を活用したプロセスの効率化により、顧客との関係を構築しています。

 

デジタル広告戦略への対応

 

広告業界で成功するためには、デジタルトレンドの変化に素早く適応することが求められます。

広告代理店は、クライアントのニーズと、従来の広告戦略とデジタル広告戦略の違いを理解する必要があります。

また、検索エンジン最適化、プログラマティック広告、コンテンツマーケティングなど、
デジタルマーケティングの原則を理解していなければなりません。

さらに、広告代理店には、ターゲットオーディエンスに合わせたキャンペーンを作成する能力も求められます。

そのためには、ターゲットオーディエンスのニーズ、欲求、興味を深く理解し、
デジタル広告の重要な要素であるソーシャルメディアの力を活用することができなければなりません。

そのためには、さまざまなソーシャルメディアプラットフォームに最適化されたメッセージを作成し、
ターゲットオーディエンスに合わせた魅力的なコンテンツを作成する能力も必要になってきます。

 

広告業界で勝ち残るための考察

 

広告業界は変化が激しく、その変化に迅速に対応できる企業が成功する可能性が高いといえます。

企業は、ターゲット層に合わせた独自のキャンペーンを行うことに注力し、
最新のデジタル技術を駆使してインサイトを獲得し、キャンペーンを最適化することで、最大の効果を上げる必要があります。

そのことで、企業は優れた顧客サービスの提供を実現し、顧客のサービス体験が円滑かつ効率的になるからです。

広告代理店顧客体験

広告代理店が、広告業界の大きな変革期において、競争力を維持するためには、こうした変化に迅速に対応することが求めらます。

広告代理店ランキングからの考察のまとめ

広告代理店が、新しい環境の中で生き残る為には、適切な戦略を構築しなければいけません。
デジタル技術を駆使し、キャンペーンをカスタマイズし、優れた顧客サービスを提供することで、
代理店は競争に勝ち残り、広告業界で成功することができるのです。

コメントを残す