駅広告について

投稿者: | 2017年1月8日

駅構内広告とは

 

駅広告とは駅構内での広告です。

代表的な広告メディアは、【ポスター広告】【柱巻き広告】【フロア広告】【イベント】【展示】【自動改札ステッカー】などです。

 

駅貼りポスター

 

駅広告で最も多い広告が「駅貼りポスター」でしょう。
移動中の多くの歩行者に訴求が可能です。

掲出期間は7日間が基本となります。
複数枚のポスターを並べる「連貼り」など広告メニューは豊富です。

地元企業から大企業まで多くの業種の広告主に活用されています。

 

 

 

柱巻き広告

 

駅構内の柱を広告メディアとして活用します。
数本から数十本の柱を活用することで歩行者に対して繰り返し訴求することが可能です。

多くの柱を活用したジャック的な活用はインパクトが絶大です。
掲出期間は7日間が基本です。

ジャック感を演出した掲出をすることが需要です。

乾電池、缶ジュースなど柱の形状を活かした広告展開にも適しています。

 

急速にデジタルサイネージ化が進んでいるメディアです。

 

 

集中貼り

 

訴求するターゲットに合わせて特定の駅に集中して掲出します。

掲出期間は7日間が基本です。
短期集中型の大規模なキャンペーンに適しています。

新宿などの大ターミナル駅では、人気メニューとして多くの企業に利用されています。

 

 

 

自動改札ステッカー

 

改札を通過する時に訴求するメディアです。
無理なく自然と視界に入りますので高確率での接触が期待出来ます。

接触時間が短いのでクリエイティブには注意が必要です。

他の駅広告と連動して活用したい媒体です。

 

 

 

フロア広告

 

駅構内のフロアーを活用した広告です。
広告サイズ・形状など比較的自由度は高くなります。
掲出期間は7日間~1か月間の設定が多くなっています。
駅に近い不動産情報などの告知に適しています。

生活者が踏むことが前提ですので、汚れることがマイナスとなる化粧品会社などには適していません。

 

 

 

駅デジタルサイネージ

 

電車内のデジタルサイネージ同様に急速に設置数が増えています。
複数の柱を連動させた媒体メニューが中心となっていて、特定の時間視認させることが可能です。

多くの“柱まき広告”はサイネージ化が進んでいますので、今後メニューが増えていくことが予想されます。

駅構内のコンビニエンスストアーでの設置も急速に進んでいます。

 

 

駅構内イベント

 

駅構内にはイベントスペースがあります。

通勤するビジネスマンや通学する学生をターゲットにサンプリングや新商品の発表などを実施するには最適なスペースです。
利用できるスペースなどは駅により異なります。

何より屋内で天候に左右されないのはポイントが高いと言えます。
また歩行者数が確実に見込める為にダイレクトに訴求したい場合非常に効果的なメニューです。

 

 

駅構内展示

駅構内への展示を目的とします。

イベントとは異なり一定の期間での展示が中心となります。
新車の展示によく利用されます。じっくりと商品と見せるキャンペ-ンに適しています。

 

まとめ

 

移動の中心となる駅。生活している限り100%近い人が利用するのが駅です。
渋谷や原宿などの若者が中心となる駅。新橋や品川などのビジネスマンが中心となる駅というように、駅広告はターゲットの絞り込みが可能です。

また、メニューも豊富で、地元の中小企業から大企業まで多くの企業に適しています。

通勤通学という点から、繰り返しの訴求が可能です。

駅広告は広告プランニングにおいて重要だと言えます。

 

【電車内広告】および【交通広告】合わせて覚えておきましょう。