進化する「ターゲティング広告」

ターゲティング広告の歴史

 

インターネット広告が進化した最大の要因は「ターゲティング力」です。

 

インターネット広告の初期は、バナー広告がWebページに貼られるのみ。
その手法は「編集コンテンツ」の内容に合わせて広告を貼る。というマスメディアと変わらぬアナログ手法です。

その為、当時はインターネット広告に対する関心は薄く、多くのリーチが見込めるマスメディア中心のプランニングに注力していたのが実情です。
(インターネットが普及していなかったので当然です)

 

インターネット広告の初期:ターゲティングは編集コンテンツのみ

 

その後、インターネット広告を大きく変える転機が訪れます。
それが、『アドサーバー』の登場です。

『アドサーバー』とは『インターネット広告配信用のサーバー』であり『編集コンテンツを配信するサーバー』とは別のサーバーです。

つまり、広告コンテンツが編集コンテンツの内容とリンクする方法から、ターゲットに合わせて広告を配信できるようになったのです。

その結果、Webページは『編集コンテンツサーバー』と『アドサーバー』が組み合わさって表示されるようになり、
利用者ごとに異なる広告が表示される仕組みが完成します。

編集コンテンツではなく、利用者の属性に合わせて広告が配信される『ターゲティング広告』が完成したのです。

 

アドサーバーにより、ターゲットに合わせた広告配信が可能になる

 

ターゲティング広告の種類

 

ターゲティング広告といっても、ターゲティングの種類は様々です。

 

『性別』『年齢』『地域』『曜日』『時間帯』『デバイス』『サイトカテゴリー』『趣味』『リターゲティング(行動履歴)』『サイトターゲティング(検索履歴)』など。
クライアントのニーズに合わせた、より詳細なターゲティングが可能になっています。

IPアドレスやクッキー等の技術を併用することで、様々な手法で広告を配信できるようになったのです。

しかし、ターゲティング広告はこれだけで終わりではありません。

ターゲティング広告は非常に効果的にアプローチができますが、人気の向上に合わせて利用する企業も多くなります。
結果として、ターゲティング広告上での競争が激しくなります。
また、生活者も増加する情報を選別するようになり、1回の広告だけで効果が得られる可能性は非常に低くなりました。

そこで登場するのが「リターゲティング広告」です。

 

リターゲティング広告とは

 

ターゲティング広告の中で最も人気を得たのが『リターゲティング広告』いわゆる『行動ターゲティング』です。

『リタゲ』と呼ばれます。
Web利用者の『閲覧履歴』『検索履歴』『購買履歴』『反応(広告に対する反応)履歴』などにより広告を配信します。

あなたも、旅行を調べた後の当面の間、旅行に関する広告が表示され続けた経験はあるはずです。
それが、『リターゲティング広告』です。

旅行を調べた=旅行が好き・近々旅行にいくはずだ。と判断されているのです。

顕在層に、確実にアプローチできることから非常に大きな人気を得ることになります。

 

リターゲティング広告の人気の秘密

 

顕在層にアプローチできることにより大きな人気を得る『リターゲティング広告』ですが、最も大きな特性は上記で記載した『後追い機能』です。

生活者は、Webで調べて即決することは多くありません
特に旅行のような高額商品は、ある程度の時間を掛けて比較検討を繰り返します。

その為に、ターゲットを特定の期間追い続ける『リターゲティング』広告は、
ターゲットを逃がさないと判断され大きな支持を得ることになったのです。

「リターゲティング広告」はインターネット広告において定番の戦略といえますので、
しっかりと覚えておきましょう。

 

リターゲティング広告の課題

 

広告主から大きな支持を得ている『リターゲティング広告』ですが、広告主の支持=生活者の支持ではありません。
生活者は「なぜ自分の趣味を知っているんだろう?」と、個人情報を知られている不安感・不信感は必ず抱きます。

その為、2014年からは行動ターゲティング広告の共通するアイコンとして【JIAAインフォメーションアイコン】もスタートしています。

 

インターネット広告の進化はまだまだ続きますが、生活者に対する透明性の確保、個人情報に対する取り組みも大きな課題と言えるでしょう。

 

 

コメントを残す