コンバージョンの考え方

コンバージョンの設定で重要なこと

 

Web広告を配信する時に、最初に考えるべき“最も大切なこと”は『コンバージョン』の考え方です。

ユーザーに求める『コンバーション』をどこに設定するのか?
明確にする必要があります。

コンバージョンとは、広告の配信に際し、ユーザーに求める行動(資料請求・問い合わせ・無料体験・サンプル請求など)です。

 

 

『コンバージョン』の目的が明確でない場合、配信する広告の内容も明確でなくなります。
あれもこれも。ではいけません。
結果として、Web広告に接するユーザー側も行動に迷いが生じます。

コンバージョンを1つに絞り配信することが重要です。
ユーザーにどうして欲しいのか!明確にしてからWeb広告の配信を実施しましょう。

 

コンバージョンで最も大切なこと

 

コンバージョンの設定で最も大切なことは、『最終目的』の達成への導線となっているか?です。

 

  • コンバージョンが、資料目的・無料体験・サンプル請求などの場合、最終的な成約までの段取りができていなければいけません。
  • コンバージョンが成約の場合、そのハードルが高くなっていないか・無理がないか?しっかりと検証する必要があります。

つまり、最終目的達成の為のストーリーが完成していることが重要なのです。

 

コンバージョンのハードルと成約率

 

コンバージョンを設定する際に、考えるべきことに【ハードルの高さ】があります。

【ハードルを高くする】とコンバージョン数は減少します。
しかし、【ハードルが高い】ということは、【高いハードルを乗り越えた】ユーザーですので、
広告内容に興味がある優良顧客である可能性が高くなります。

一方で【ハードルを低くする】とコンバージョン数は高くなります。
しかし、【ハードルが低い】ということは、【冷やかし】【なんとなく】など、
広告内容に対する興味が低い顧客である可能性が高まります。

つまり、多くの無駄が発生する可能性が高い。ということです。

A/Bテストの重要性

 

しかし、
Web広告の【ハードルの高さ】をどうするか?
非常に難しいのも事実です。

その為に大切なことは、A/Bテストの実施です。

 

A/Bテストとは、複数の広告素材を配信することで、広告素材の効果を検証すること

Web広告を配信する場合、当然実施する施策ですが、
実施していない場合は、必ず実施しなければいけません。

 

まとめ

 

Web広告を配信する際に、最も大切なことは『コンバージョン』です。

ユーザーにどうして欲しいのか?最終的にどう行動して欲しいのか?
しっかりと設定してから広告配信を実施することが重要です。

その為に、A/Bテストを実施して、
ユーザーが迷わず行動できるのか?成約までのストーリーは完成しているのか?
しっかりと考えましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す