ジオターゲティング広告とは

投稿者: | 2021年9月27日

『ジオターゲティング広告』とは、

 

スマートフォンの位置情報サービスを活用して広告を配信するサービスを
『ジオターゲティング広告』といいます。

 

特定のエリアに

  • 『今いるユーザー』
  • 『過去にいたことがあるユーザー』

に向けて広告を配信することが可能です。

 

  • 【訴求したいエリアが明確である場合】
  • 【訴求したいユーザーの特性が明確である場合】

に有効な手法と言えます。

 


今後普及が進むことは間違いのない広告手法ですので、下記に当てはまる方はこの先を読み続けてください。

 

  • 『ジオターゲティング広告』という言葉を初めて聞いた方
  • 『ジオターゲティング広告』という言葉は聞いたことがあるような気がする方。
  • 他の広告と何が違うのか知りたい方
  • どんな人が活用すべきなのか分からない方
  • 店舗などを運営していて近隣地域に対して効果的な訴求をしたい方
  • 競合他社が店舗などの施設であり、その施設に訪れているユーザーを奪いたい(競合他社の場所が分かっている)
  • 特定の街に訪れているユーザーに訴求したい(イベント集客をしたい)
  • あるサービスを使用してるユーザーに対して訴求したい

 

 

ジオターゲティング広告の特徴

 

『ジオターゲティング広告』の最大の特徴は「位置情報を活用した広告配信」です。
位置情報のデータは、基地局データ・GPS・Wi-Fi・ビーコンなどから取得しています。

スマホユーザーの多くは24時間スマートフォンの近くにいます。
その結果、そのユーザーが「いつ、どこにいたのか?」「今どこにいるのか?」というデータは高精度で蓄積されているのです。

つまり、あなたが「スポーツ観戦をした」「外車のディーラーに行った」「百貨店に頻繁に行く」「秋葉原や量販店に頻繁に行く」などの行動履歴は
データとして蓄積されているのです。

この位置情報のデータを活用して広告を配信する手法が『ジオターゲティング広告』です。

 

ジオターゲティング広告にできること

 

蓄積されたユーザーの行動履歴を元に広告配信ができるということは、
広告を配信する側からすると、エリアの特性を活かした広告配信ができる。ということになります。

では、どのような広告配信ができるのか?例を紹介しましょう。

 

  • タワーマンションに居住している人に高級車を訴求
  • 外車ディーラーに行く人に新築高級不動産を訴求

 

 

  • ベビー用品を頻繁に購入していると思われる人に子供服を訴求
  • 女性専用のフィットネスクラブに良く行く人にダイエット情報を提供
  • 競合の百貨店に良く行く人に自社百貨店のキャンペーンを訴求
  • 音楽ライブに良く行く人にライブの告知
  • イベント開催時に近隣のユーザーにイベント告知
  • 温泉に良く行く人に旅館のリニューアル告知
  • スキー場に良く行く人にスキー用品の告知
  • 映画好きの人に新作映画の訴求
  • 原宿に良く訪れる人に、原宿にOPENする店舗の告知

 

上記のようにターゲットを限定した広告の配信が可能になります。
店舗の運営をしている方、イベントを開催する方、明確に競合他社から顧客を奪いたい方には非常に適しています。

あなたが「外車を見にディーラー」に良く行くのであれば、
スマホに車の広告や不動産の広告が配信される可能性は非常に高くなるということです。

 

ジオターゲティング広告の精度

 

では、位置情報の精度はどのくらい正確なのでしょうか?

『ジオターゲティング広告』の精度は年々高くなっていると思っていいでしょう。

GPS・Wi-Fi・基地局データ・ビーコンなどを組み合わせて活用することで高精度な配信が可能になっています。

建物の関係で確実な配信ができない場合もありますが、大きな障害ではありません。

 

ジオターゲティング広告の測定方法

 

『ジオターゲティング広告』を配信する時には、配信するエリアの範囲を設定します。
どのように設定するかというと
「指定した特定のエリアから半径100mに配信」
というような設定が基本ベースになります。

例えば、「伊勢丹を中心に半径100mに配信」「SHIBUYA109を中心に半径200mに配信」という感じです。

また、最近では人工知能を活用した配信手法も開発されるようになってきました。

 

ジオターゲティング広告の配信面

 

では『ジオターゲティング広告』が配信されるのはどのような場合かというと
→【非常に様々】です。
YAHOO・LINE・Youtube・Facebook・ニュース系アプリ・企業系アプリなど多面に配信が可能です。

配信される面は、ジオターゲティングの配信サービスを提供している企業により異なります。

『ジオターゲティング広告』を活用する場合、YAHOOに配信したい。というようなリクエストがあったりしますが、
配信面から決めるのではなく、ターゲットとするユーザーや希望する配信地区・予算が確定してから配信面が決まるのが普通です。
配信するターゲットが利用するWebサイトやアプリに配信するのです。

配信面や配信範囲を狭めると配信数が少なくなってしまいます。
配信したい人数、予算などから配信エリアを想定することになります。

 

ジオターゲティング広告のまとめ

 

『ジオターゲティング広告』は比較的新しい広告手法です。
アナログの世界の『ポスティング広告』と同じイメージです。

特に

  • 「店舗を運営している人」
  • 「特定のエリアに集客したい人」
  • 「多店舗から自社に誘導したい人」
  • 「特定の場所や趣味に興味がある人に訴求したい」

方等には非常に効果の高い手法となります。

店舗に集客したい場合は、ポスティングとセットにするのも効果的です。

また、交通広告やデジタルサイネージのOOHメディアとの連動も効果的です。
街中で【強制的に視界に入るOOHメディア】と【同じ内容の広告がスマートフォン上に配信される】ことで、
広告効果がアップすることは分かっています。

最近ではインバウンド向けの配信も可能になってきています。
コロナ後には必ず活用したい手法です。

ターゲティングにすぐれた『ジオターゲティング広告』は今後注目の手法ですので是非覚えておいてください。

 

 

好評!『インターネット広告の歴史』についても勉強しておきましょう!

 

コメントを残す