コラム

「クリエイティブ」の扉を開ける方法!

クリエイティビティとは、生まれて持つ才能ではありまん。
才能のある人だけの「閃きの連続」ではなく、絶え間ない試行錯誤のプロセスを得ています。

一方で、多くの人々が「自分にはアイデア力がない」「創造性なんてない」感じています。
しかし、あなたが憧れる「優れたプランナー」や「コピーライター」も最初は普通の人です。
多くの人は特別な環境で育ってきた訳ではありません。

中には、営業から配置転換で移動してきた人もいるくらいです。

本日は、誰もがアイデアを生み出し、自信を持ってそれを活かせるようになるためのコツを考えてみましょう!

クリエイティビティを引き出す日常の鍵

優れたクリエイティブの力を付ける為には、日常の心がけや習慣が非常に大事です。
優秀なコピーライターも何も努力しないで一瞬で思いついている訳ではありません。
日頃から努力をすることで少しづつ追いつくことが可能です。

自信がないのは当然 – まずははじめることが大事!

創造性を発揮する為には日頃からの心がけが重要です。

豊富なアイデアを持つプロフェッショナルでさえ、キャリアの初期は不安定で、自信がなかった時期があるのが当たり前です。
重要なのは、完璧を目指すのではなく、まずは行動に移すことです。

アイデアがどれだけ小さくても、それを書き留めてみましょう。
最初に大切なのは量です。質よりも量を重視しましょう。次第に質は向上します。

例えば: 自分の好きな映画や本から1日に1つだけアイデアをピックアップし、それがなぜ自分に影響を与えたのかをノートに書き出してみましょう。
これは、自分が何に興味を持っているか、何が自分を動かすのかを理解するのに役立ちます。
また、これらの小さなアイデアや感想は、後に大きなプロジェクトのインスピレーションになることもあります。

ちょっとしたコツでアイデアは形になる

クリエイティブな思考は、特別な才能ではなく、訓練によって磨かれます。
ここで紹介するコツを試してみてください。

  • 日常からインスピレーションを得る:
    日々の生活の中で、何気ない瞬間に着目することは重要です。日頃の生活には、触発されるべき素晴らしいアイデアが溢れています。
    通勤中や散歩中に目にした光景からストーリーを想像するのはお薦めです。良い時間つぶしにもなります。スマホを見ているより為になります。
    例えば、公園で遊ぶ子供たちを見たら、「彼らが秘密基地を作る冒険の物語」を思い描くなどです。
    日常生活の中でふとした瞬間に感じたことを、アイデアの種として大切にしましょう。
  • ブレインストーミング:
    アイデアを思いつくためには、自由な発想が必要です。批判を恐れず、どんなアイデアも受け入れましょう。
    友人や同僚と週に一度、「ありえないアイデア会議」を開くのもお薦めです。
    この会議のルールは簡単、どんなアイデアも批判せず、全てを受け入れること。
    この自由な発想の場は、思いもよらない素晴らしいアイデアを生み出すことがあります。
  • 異なる視点を持つ:
    物事を異なる角度から見ることで、新たなアイデアが浮かびます。他の人がどう考えるか、自分が普段とは違う立場だったらどう感じるかを想像してみてください。
    自分が普段利用する製品を使う他のユーザーの立場に立ってみましょう。
    例えば、左利きの人がキッチン用品を使う際にどんな不便さを感じるか、自分ならどう改善するかを考えてみます。
    このようにして、新しいニーズや改善点が見えてくることがあります。

アイデアを活かす方法

アイデアを形にするには、それを実行に移す必要があります。アイデアを考えたら活かす方法も考えてみましょう。
そのことで、あなたのレベルはよりステップアップし、そのアイデアも現実に近いものになります。

  1. 具体化する:
    アイデアを紙に書き出し、可能な限り詳細に計画を練ります。
    「私の小さなカフェを開く」というアイデアがあったとしましょう。
    そのアイデアを細分化して、「地域の人々に愛されるカフェにするためにはどんな内装がいいか」「どんなメニューが受けるか」など、具体的な計画を立てます。
    これにより、アイデアが現実味を帯び、行動に移しやすくなります。
  2. フィードバックを求める:
    他人の意見を聞くことで、アイデアを改善し、さらに良い方向へと導くことができます。
    しかし、アイデアは恥ずかしくて人には言えないものです。ここで作業がストップしてしまう人は多いでしょう。
    しかし、今の時代はSNSがあります。自分のアイデアをSNSでシェアし、フォロワーからの意見を聞いてみましょう。
    大切なアイデアであれば少しアレンジすれば問題ありません。
    また、信頼できる友人や専門家に直接アドバイスを求めるのも良いでしょう。
    外部からのフィードバックは、自分では気づかなかった視点を提供してくれます。
  3. 行動に移す:
    完璧を目指すことなく、実際にプロジェクトを始めましょう。
    失敗を恐れず、試行錯誤を繰り返すことで、成功に近づきます。
    料理で例えるなら「毎日1つ新しいレシピを試す」という小さな目標から始めてみましょう。
    この習慣は、料理に関するブログを始めるための第一歩となり、やがては料理本を出版する夢へとつながるかもしれません。
    行動に少しづつ移すことで、アイデアは徐々に形になり、夢は現実に近づきます。

クリエイティブのまとめ

アイデアに自信がない、または諦めかけている人は諦める必要は全くありません。
クリエイティビティは才能ではなく、鍛えられるスキルです。

今回紹介したコツを参考にして実践し、自分の内にある可能性を信じることが大切です。

User
あなた

関連記事

  1. PDCAは何回すればいいか?

  2. オムニチャネルとは!

  3. 広告業界で成功するためのメンタリティとは?

  4. ハウスエージェンシーとは?その実態を探ります。

  5. 目的と手段は全然違う。

  6. ブランディング戦略は小さな会社でも必要か?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP