ミレニアル世代とZ世代へのマーケティング

近年、『ミレニアル世代』『Z世代』というマーケティング用語が
広告の世界で聞かれることが増えてきました。

では、これらの世代とは何でしょうか。
また、なぜ彼らへのアプローチがこれほど重要とされているのでしょうか。

本日は、その理由と、企業が成功するための戦略について考えてみましょう。

 

ミレニアル世代とZ世代とは!

では、最初に、それぞれの世代について説明いたします。

ミレニアル世代とは?

ミレニアル世代は、おおよそ1980年から2000年にかけて生まれた人々を指します。

デジタル技術の発展とともに成長してきたこの世代は、
インターネットやSNSの影響を強く受けています。
彼らは、価値観や消費行動が、アナログ世代とは大きく異なる特徴を持っています。

Z世代とは?

Z世代は、2000年以降に生まれた人々を指す言葉となります。

20代以前の世代になりますので、スマートフォンが24時間生活の中心にあり、
まさにデジタルネイティブとして成長してきました。

情報源の全てはデジタル上にあり、
紙メディアなどマスメディアの情報とは比較的遠い世代と言えるでしょう。

なぜ、これらの世代が注目されているのか?

では、なぜ「ミレニアル世代」と「Z世代」は、注目されるのでしょうか?
それは、今後数十年にわたり主要な消費者層となるからです。
彼らの価値観や消費行動が、これからの新しいサービスの方向性を決定づける要因となります。

中高年やシルバー層をターゲットとする場合を除き、
未来に向けたマーケティングにおいて彼らを無視するわけにはいきません。

また、彼らの大きな違いは、SNSを活用し、駆使する能力を持っていることです。

それは、デジタルから情報を得るだけでなく、情報発信者としての力を持っていることを意味します。

このことから、彼らに対して、どのように接するのか?は非常に大きな課題であると言えます。

なぜ、その世代に対するアプローチが重要なのか?

これらの世代は、ブランドの価値観や物語性を重視しる傾向にあります。
単に商品やサービスの機能だけでなく、
背景にあるストーリーやブランドの考え方が共感できるのか?も重要視する傾向があります。

バブル世代や高度成長期に育った世代の価値観は通用しません。

彼らには、従来の広告手法だけでなく、
ストーリーテリングやコンテンツマーケティングの力が求められます。

『ミレニアル世代』『Z世代』への取り組み方!

では、企業は『ミレニアル世代』『Z世代』へどのように取り組むべきなのか?
考えてみましょう。

① 共感を生むコンテンツの作成:

上記でも述べたように、彼らは、商品やサービスの機能よりも、
背後にある物語やブランドの哲学に引き寄せられる傾向にあります。

化粧品メーカーでも増えてきましたが、
スキンケアブランドなどが、製品の成分の原材料を環境に優しく、
持続可能な方法で収穫する農家の物語を共有することで、
消費者とのつながりを深めることができます。
開発段階において、動物の虐待につながるような行為をしていないことなどは最低限のマナーです。
このように、ストーリーテリングを活用して、ブランドの背景や理念を伝えるコンテンツを作成する必要があります。

② SNSの積極的な利用:

彼らとの会話において、SNSの活用は必須です。
InstagramやTikTokなどのプラットフォームは、ミレニアル世代やZ世代との直接的な対話の場となっています。
例として、新製品の発売前に投票機能を使用して、パッケージデザインの意見を求めるなど、
彼らの意見や要望を積極的に取り入れる取り組みもごく普通になって来るでしょう。
開発者の商品やサービスに対する思いなどを正直にSNS上に出して、人間性を認めてもらうような
行為も必要になってくるでしょう。

③ エシカルな価値観の尊重:

環境や社会的な問題に取り組むブランドはの姿勢は、
特に若い世代からの支持を受けやすい傾向にあります。

例えば、オーガニックコットンを使用したファッションブランドや、
売上の一部を環境保護活動に寄付するような取り組みは、今の消費者の心を捉える要素となっています。
このような行為は今後はごく普通になり、実施していない企業は受け入れられなくなるでしょう。
その活動を広報活動を通して伝えることで、ブランドのエシカルな側面を強調できます。

 

④ インフルエンサーとの連携:

彼らは、SNS上にある情報だけでなく、信頼する情報源をSNS上に持っています。いわゆるインフルエンサーです。
信頼性のあるインフルエンサーとのパートナーシップは、特定のターゲット層に効果的にアプローチする手段となります。

例えば、自然派化粧品ブランドが、エコライフスタイルを推進する有名なインフルエンサーとのコラボレーションを行い、
その人物のフォロワーに向けて製品の特長や価値を伝えることができます。

これらのアプローチは、現代の若い消費者との関係を築く上での鍵となる要素です。
ミレニアル世代やZ世代のニーズと価値観を理解し、それに対応したマーケティング戦略を採用することで、
ブランドの持続的な成長を実現することができます。

 

まとめ

ミレニアル世代とZ世代は、今後のマーケティングの主役となることは間違いありません。
彼らの価値観やニーズを理解し、それに応じたアプローチを行うことで、
ブランドの成長と持続可能なビジネスを築いていくことが可能となります。

 

苦手な会議を克服する方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA