コラム

大谷翔平の成功の秘密を解き明かす – マンダラチャートで学ぶ目標達成のアート』

2023年度日本中の話題を独占したとも言える『大谷翔平』
その成功への道筋として、『大谷翔平のマンダラチャート』が大きな注目を集めています。

真の成功の背後には、目標設定と徹底した計画、そしてその実現へ向けた大きな努力が存在しています。

しかし、ニュースでは聞いたことがあっても、よく分からない方も多いでしょう。

この記事では、マンダラチャートの内容を詳しく説明し、大谷翔平さんがどのように成功したのか?の道筋も
考えてみましょう!

 

マンダラチャートの基本から、具体例による理解まで

 

マンダラチャートは、目標達成やプロジェクト管理に役立つツールで、具体的な行動計画を立てる際に使用されます。
その構成は以下のようになります。

 

マンダラチャートの構成

マンダラチャートは中央から広がるように構成されています。

 

中央の目標:

マンダラチャートの中心には、達成したい主要な目標が置かれます。
この目標は、全体の焦点となり、他のすべての要素を導くものです。

大谷翔平さんの場合は、『ドラ一8球団』が該当します。

サブゴール(副目標):

中央の目標の周りには、8つのサブゴールが配置されます。
これらは、中央の目標をサポートするより具体的な目標です。
例えば、事業の成長を中央の目標とする場合、
サブゴールには「顧客基盤の拡大」「製品の品質向上」「マーケティング戦略の強化」などが含まれるかもしれません。

大谷翔平さんの場合は、『体づくり』『コントロール』『キレ』『メンタル』『スピード160㎞/h』『人間性』『運』『変化球』が該当します。

アクションプラン(行動計画):

各サブゴールの周りには、さらに8つのアクションプランが配置されます。
これらは、サブゴールを達成するために必要な具体的な行動やステップです。
アクションプランは、実際の実行に移すための具体的な方法や手順を示します。

大谷翔平さんの場合は、『体づくり』の為に『体のケア』『柔軟性』・・・が取り囲むようになっています。

マンダラチャートの展開

上記のように、マンダラチャートは、中央から外側に向かって広がっていきます。
中央の1番の目標から始まり、それを支えるサブゴール、さらにそれぞれのサブゴールを実現するためのアクションプランという形で展開していきます。
この階層構造により、大きな目標を小さな実行可能なステップに分解し、計画的に取り組むことができます。

ビジュアル表現

繰り返しになりますが、マンダラチャートは通常、ビジュアル表現を伴います。
中心の目標が真ん中にあり、その周りに8つのセクター(サブゴール)があり、
さらに各セクターには8つの小さなボックス(アクションプラン)が配置されます。これにより、目標達成のための全体像を一目で把握できます。

このようにマンダラチャートは、複雑な目標やプロジェクトを管理し、
段階的に取り組む際に非常に役立つツールです。

 

マンダラチャートのまとめ

大谷翔平選手の成功は、彼の非凡な才能だけでなく、明確な目標設定と具体的なアクションプランによるものです。
彼の使用するマンダラチャートは、野球界における彼の多様な目標を整理し、焦点を合わせるのに役立ったのだと判断できます。

これはビジネスマンにとっても重要な教訓です。
ビジネスの世界では、目標を設定し、それに向かって効率的に進むための明確な計画が不可欠です。

あまたもチャレンジしてみることをオススメします。

 

マンダラチャートを活用することで、ビジネスマンは自身のキャリアやプロジェクトの目標を明確にし、
それを達成するための道筋を具体化できます。

このツールは、日々の業務における優先順位の設定、リソースの適切な配分、そして長期的な戦略の策定にも役立ちます。

大谷選手のように、私たちも自身の目標に向かって一歩ずつ確実に進むための計画を立てることが重要です。
彼の方法をビジネスに応用することで、より効果的に目標を達成し、成功へと導く道を切り開くことができるでしょう。

 

関連記事

  1. 製品の寿命と戦略の関係とは

  2. 広告業界で成功するためのヒントとアドバイス

  3. メディア接触率の変化とその影響

  4. 一歩先の印刷会社

  5. 広告業界と他業種の市場規模比較

  6. 就職先・転職先を選ぶ時に大事なこと。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP