マーケティング情報

シュガーマンのマーケティング理論:消費者の心をつかむステップ

今日は、エドワード・シュガーマンのマーケティング理論について、分かりやすく詳しく解説してみます。
広告やマーケティングに関係している方であれば聞いたことがあるでしょう。

この理論は、製品やブランドの成功に必要なステップバイステップなアプローチを提案しています。

 

マーケティングの初心者でも分かる!シュガーマンのアプローチ

 

シュガーマンのマーケティング理論の要点を具体的な例を交えながら紹介しましょう。

 

ステージ1: 非認知段階

最初のステージとして、非認知段階があります。
この段階では、消費者は製品やブランドについて全く知識がありません。

言ってみれば、その存在自体に気づいていない状態です。
ここでの目標は、消費者の意識を喚起することになります。

非認知段階の具体例:

新しいスマートフォンブランドが市場に初めて登場したとします。
消費者はこのブランドについて何も知りませんでしたが、このブランドは積極的にウェブ広告やSNSプラットフォームを活用し、人々の注意を引きました。
例えば、インスタグラムで美しい写真を投稿したユーザーに、このブランドが便利なカメラ機能を提供していることを伝えました。
このことで、顧客に成りうるユーザー達に新しいスマートフォンブランドを訴求。口コミでの広がりも期待できます。

 

ステージ2: 認知段階

次のステージは、認知段階です。
ここでは、消費者は製品やブランドの存在を認識しましたが、詳細な情報はまだ不足しています。
マーケティングの目標は、消費者の意識を高め、情報提供を行うことです。

 

認知段階の具体例:

このスマートフォンブランドは、テレビ広告でもキャンペーンを開始します。
ソーシャルメディアでもブランドの存在を積極的にアピールしています。
これに加えて、自社のウェブサイトには、製品のスペックや機能に関する詳細な情報を掲載します。
消費者はブランドの存在を知り、興味を持ち始め、まだ具体的な製品情報に興味を持ち始めます。

ステージ3: 考慮段階

最後のステージは考慮段階です。
ここでは、消費者は製品やブランドについて詳細な情報を収集し、選択肢として検討し始めます。
マーケティングの目標は、消費者に対して製品やブランドの利点や特長を伝え、競合他社との比較で優れていることを示すことです。

 

考慮段階の具体例:

ウェブサイトを通じて、製品の特長や利点を詳細に説明し、オンラインレビューの提供をはじめます。
消費者は他のスマートフォンブランドとの比較をするようになります。

そして、その性能や価値を評価しだします。
この段階で性能や価値に多くの評価が集まると、選択される決断が増加するようになります。

シュガーマンのまとめ

以上が、シュガーマンのマーケティング理論の要点と具体的な例です。

シュガーマンの理論は3つのステージから成り立っています。
まず、①非認知段階では消費者はまったく知識がなく、その存在に気づいていません。
次に、②認知段階では消費者は存在を認識し、興味を持ち始めます。

最後に、③考慮段階では消費者は詳細な情報収集を行い、製品やブランドを検討し、最終的な決断を下します。

この3つのステージを逐一検討し、消費者に対する適切なメッセージや情報を提供することで、消費者の心をつかむことができるということです。
新たに市場に参入する場合には、このステップバイステップなアプローチを考慮に入れてみてください。

最終的には、シュガーマンのマーケティング理論は、消費者心理学を理解し、効果的なコミュニケーション戦略を展開するのに役立ちます。
成功を収めるためには、消費者の心を捉えるステージごとのアプローチを工夫し、自社の製品やブランドを際立たせることが大切です。
ぜひ次回のマーケティングキャンペーンの参考にしてみてください。

関連記事

  1. イマーシブ・マーケティング:2024年注目のキーワード!

  2. 消費者の購買行動の心理とは!

  3. 広告予算の決まり方!

  4. 隠れた戦略: 知る人ぞ知る、マーケティング手法

  5. ③インストア・マーチャンダイジングの進化

  6. インターネット広告の歴史

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP