コラム

マーケティングの教科書と実践のギャップとは

多くの企業がマーケティング活動に力を入れていますが、
実は、成功している例は全体の中で見ればまだ少数です。

この状況は、「マーケティングが単に教科書に書かれている理論を適用するだけ」では、
成果を出すことが難しいという現実を浮き彫りにしているのかもしれません。

では、教科書に沿ったアプローチを取りながらも、期待される成果を上げられないのはなぜでしょうか?
それは、「マーケティングの理論」と「現実の実践」の間にギャップが発生するからです。

マーケティング理論と実践のギャップ

マーケティングの理論は、広範囲にわたる事例研究に基づき、
理想化された条件下での戦略や手法を提供いているのがほとんどです。
つまり、汎用的なアプローチに焦点を当てているのです。

しかし、実際のビジネス環境は違います。
その時の景気の状況も違います。金利や世界情勢、エネルギー問題など、予測不可能な要素に満ちています。
市場の動向、消費者の好み、競争状況など、多くの変数がマーケティングの成功には直接的な影響を及ぼしています。

特に、「急速に変化する市場」、「消費者行動の予測不能性」などは、
教科書の戦略をそのまま適用する際の大きな障害となります。

これらの現実は、教科書に書かれている理論だけで対処するには複雑すぎるのです。

理論と現実の統合を目標に

不透明な世の中で、マーケティング活動を成功に導くためには、
以下のような解決策を採用することが大切です。

マーケティングの理論と実践のギャップ

上記でも触れたように、マーケティング理論は、理想化された条件や環境下での戦略や手法を提供しているのが普通です。
これらの理論は広範囲にわたる事例研究や研究に基づいていますが、一般的には汎用的なアプローチを提示することに焦点を当てています。
しかし、現実のビジネス環境は、変動が激しく予測不可能な要素に満ちています。
市場の動向、消費者の好み、競争状況、さらには世界的な経済や政治の変動まで、多くの変数がマーケティングの成功に直接的な影響を及ぼします。

マーケティング活動を成功に導くための解決策

  1. 柔軟な戦略の採用:
    市場の変動に迅速に対応できるように「柔軟性を持った戦略の構築」が重要です。
    これには、継続的な市場調査とデータ分析を通じて、戦略を定期的に見直し、調整することです。
    最初に設定した目標や数値などは「時間とともに変更もありえる」という柔軟な考え方が必要です。
    この考え方は会社のトップが充分に理解しなければいけません。
  2. カスタマイズとパーソナライゼーション:
    消費者の好みと行動が多様であるため、教科書的な一般的なアプローチよりも、
    個々のニーズに合わせたカスタマイズされたマーケティング戦略が必要です。
    データ分析を活用して、消費者ごとにパーソナライズされたコミュニケーションやオファーを提供することが、顧客との関係構築には必須です。
  3. 実験と学習の文化の構築:
    マーケティングの世界では、何が成功するかを事前に完全に予測することは不可能です。
    そのため、小規模なテストを実施し、その結果を迅速に分析して反映させることが重要です。
    A/Bテストなどの手法を用いて、異なるマーケティング戦略の効果を評価し、最も効果的なアプローチを模索し続けなければいけません。
  4. アジャイルマーケティングの採用:
    アジャイルマーケティングは、迅速に市場の変化に対応するための方法論です。
    短期間の計画と実行のサイクル(スプリント)を用いて、マーケティングチームは素早く戦略を調整し、実施します。
    このアプローチにより、効果的な施策を速やかに展開し、市場の動きに柔軟に対応することができます。
  5. 統合的アプローチの採用:
    マーケティング活動は、他のビジネス機能と密接に連携する必要があります
    製品開発、販売、カスタマーサポートなどのチームと連携することで、一貫した顧客体験を提供し、ブランドの価値を高めることができます。
  6. 持続可能なマーケティング:
    現代の消費者は、企業の倫理的かつ持続可能な実践にますます価値を置いています。
    マーケティング戦略において、環境への配慮、社会的責任、透明性を重視することは、ブランドの信頼性と顧客の忠誠心を築く上で不可欠です。

しかし、実践の現場では、これらの解決策を適用する過程で、教科書の理論を正論として持ち出す上司や関係者を説得する必要がある場合も少なくありません。
「当初の予算と違うじゃないか?」「何で内容を変えた!」「内容変更したら社長に説明できないぞ!」などですね。

マーケティングの一般的な考え方に基づいた企画は、世の中の流れや変化に柔軟に対応させる必要があることを、日頃から充分に理解させる努力が必要なのです。

結論

マーケティングの成功は、教科書に書かれた理論だけではなく、
実際のビジネス環境の複雑さと変動性に対応するための柔軟性と革新性を持ったアプローチを採用することから始まらなければいけません。

現場の実務者は、理想を超えて、現実の挑戦に直面し、それを乗り越える能力を持たなければいけません。

不透明な時代です。
上記のような考え方を参考に成功に向けてチャレンジしてみましょう。

関連記事

  1. 全国紙はデジタル時代に生き残れる?現状と課題を探る

  2. エスキモーに氷を売るマーケティングの秘訣

  3. 記憶に残る広告キャンペーンの事例分析!

  4. 中小広告代理店がデジタル時代に生き残るアイデア!

  5. 起業のタイミング!

  6. 一歩先の印刷会社

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP