コラム

“広告vsPR!”あなたのビジネスに最適な戦略はどっち?

製品やサービスを広く知らせ、消費者の心に訴えかけるため、
広告業界では『広告』と『PR』が頻繁に使われます。

そして、これら二つの間には明確な違いがあり、それぞれが最適な状況や目標を持っています。

だからと言って、『広告』と『PR』どちらを選べばよいのかは難しい判断です。

 

そこで、この記事では広告とPRの具体的な違いを解説し、
あなたが自社の目標や状況に応じて最適な選択をするためのガイドラインを提供します。

それぞれの戦略がどのように機能し、どのような状況で最も効果的であるのかを理解すれば、
あなたのマーケティング活動は、より効果的になるでしょう。

“広告とPR:定義と違い”

『広告』は、
通常、製品やサービスの特性を強調し、
消費者にその購入を促すための有料のメディアプレゼンテーションです。


広告は、有料の広告スペースを購入する手法
ですので、
企業がその「メッセージを完全にコントロール」でき、それが「どのように、いつ、どこで表示されるか」を決定できるため、
直接的で予測可能な方法で企業のメッセージを伝えることが可能です。

一方、PR(パブリックリレーションズ)は、
「企業と一般の人々やステークホルダーとの間の関係を築き、維持するための戦略的なコミュニケーションプロセス」です。

PRは主に企業のイメージや評判を高めることを目標としており、
メディアカバレッジやイベントを通じて無償で公表されることが多いです。

PRのメッセージは、有料の広告スペースを購入する活動ではありませんので、
広告とは異なり、必ずしも企業が完全に制御できるわけではありません。

 

“広告とPR:あなたのビジネスに最適な選択をするためのチェックリスト”

広告とPRのどちらを使用するべきかは、
『企業の目標、ターゲットオーディエンス、予算に大きく依存』します。

  1. 具体的な製品やサービスをプッシュする場合
    これが目的であれば、広告が効果的です。
    広告は商品の特性、価格、利用方法などを具体的に伝えることができます
  2. ブランドの評判や認知度を高める場合
    このような場合はPRが選択肢となります。PRはブランドの信頼性を築くのに役立ちます。
    メディアを通じた特集記事やプレスリリースは、消費者に深い印象を与え、ブランドの信頼性を高めることができます。
  1. 予算が限られている場合
    一般的に、広告はPRよりもコストがかかります。
    PRは報道機関が無料で掲載してくれる可能性がありますが、広告は常に出稿料が必要となります。
    したがって、予算が厳しく制限されている場合やスタートアップのような初期段階の企業では、PRの方が良い選択肢となるかもしれません。
    但し、インターネット広告など小額から取り組める広告が選択肢の中心となる場合は、広告が中心となるでしょう。
  2. 対話を促したい場合
    PRは広告よりも対話を促す傾向があります。
    例えば、PRイベントは消費者が企業と直接対話したり、質問したりできる機会を提供します。
    一方、広告は一方的なメッセージの伝達が主であり、対話を促す要素は少ないのが特徴です。
    生活者との触れ合いなどを主目的とする場合はPRが良いでしょう。

広告とPRの最適な活用方法

広告とPRには違いがありますが、決して相互排他的なものではありません。
広告とPRをうまく組み合わせることで、より効果的なマーケティングストラテジーを展開できます。

以下に、広告とPRを効果的に組み合わせて活用する方法をいくつか提案します。

  1. 新製品のローンチ
    新製品のローンチは、広告とPRの両方が重要な役割を果たす例です。
    広告を使用して新製品の特性や利点を具体的に伝え、PRを使用してその新製品がもたらす価値や業界への影響を広く伝えることができます。
  2. 危機管理
    企業が何らかの問題や危機に直面した場合、PRはその対応策を公に伝え、ブランドの評判を保護する役割を果たします。
    その一方で、広告は危機が収束した後、顧客の信頼を再建し、正常なビジネス活動に戻すために使用できます。
  3. 継続的なブランドビルディング
    広告は特定の製品やサービスをプロモートする一方で、PRは企業のイメージや評判を一貫して強化する役割を果たします。
    これらを一緒に使用することで、企業はその製品やサービスを売りながら同時に信頼性と認知度を高めることができます。

要するに、広告とPRはお互いを補完しあいうことで相乗効果が見込めます。

あなたが目指す目標に対して、これらのツールを最適に活用することが重要です。

広告とPRの使い分けのポイント

それぞれの特性を理解した上で、
次に考えるべきは『あなたの企業やプロジェクトの特性と目標』です。

それを踏まえて、以下のポイントを考慮して広告とPRの使い分けをすると良いでしょう。

  1. 目標の明確化
    ビジネスの目標やプロジェクトのゴールを明確にします。
    売上向上が目標であれば広告、ブランドイメージの強化が目標であればPRが適しています。
  2. ターゲットオーディエンスの理解
    あなたのターゲットとするオーディエンスは誰なのか?彼らはどのようなメディアを消費しているのか?
    これらの理解を元に、最も効果的な手段を選びます。
  3. メッセージの性質
    PRは説得力のあるストーリーを伝えるのに適しています。
    一方、広告は製品やサービスの具体的な特性を訴求するのに最適です。
  4. 予算とリソース
    広告とPRはそれぞれ異なるリソースとコストを必要とします。
    広告は予算が高い傾向にありますが、結果が直接的で明確です。
    一方、PRは低予算でも効果的な結果を生み出すことができますが、その成果は直接的ではなく、時間と努力を必要とすることが多いです。
  5. 時間の要素
    広告は即座に結果を見ることができますが、その効果は短期的で、広告が終わればその効果も消えてしまうことが多いです。
    それに対して、PRは長期的な投資であり、時間をかけて信頼と評判を構築します。
  6. 評判管理
    企業の評判を管理したい場合、特に危機管理の状況下では、PRは企業の声を一般大衆に伝える上で重要な役割を果たします。

上記のように、広告とPRはお互いに補完し、企業の目標達成に向けて効果的に機能することになります。
目標や状況に応じて適切な手段を選び、使い分けることでより良い結果を生むことが可能です。

『広告とPR』あなたのビジネスの目標を効果的に成長させる為の参考にしてください。

 

関連記事

  1. アルファ世代からシルバー世代まで: マーケティング用語完全ガイド

  2. 新聞発行部数2019年3月(5大全国紙)

  3. 屋外広告の料金

  4. 広告代理店の組織はどうなっているのか?

  5. 広告業界と他業種の市場規模比較

  6. 中小企業が取り組むべきマーケティング戦略

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP