コラム

クライアントとの信頼関係を築く: 広告代理店で使えるフレーズとは!

クライアントとのコミュニケーションがうまくいかないと、
仕事やプロジェクトに支障をきたすことがあります。

そのため、会話を盛り上げ、クライアントとの良好な関係を築くことが重要です。

このブログでは、
クライアントとの会話を盛り上げる5つの方法を例を交えてご紹介します。

クライアントとの会話を盛り上げる5つの方法 – 例付きで解説!

ビジネスシーンにおいて、『オープニングとエンディング』は非常に重要な要素となります。
会話の始まりと終わりは、全体の印象を大きく左右します。

特に初めの挨拶や会話の立ち上がりでは、
まだ双方ともに本調子になっていない場面が多いでしょう。

そこで黙って、相手に全てを任せてしまうのではなく、
自分から積極的に会話をリードしましょう。

特に、質問は会話を活気づける上で非常に有効な手段です。

「最近何か面白いプロジェクトに取り組んでいますか?」のようなオープンエンドの質問を投げかけることで、
相手に対し『自分の思考や意見を自由に述べられる空間を提供』することができます。

それでは、クライアントとの会話を盛り上げる5つの方法を説明してみましょう!

まずは、最も大事なオープニングの会話についてです。

オープニングの質問をいくつか準備して打ち合わせに挑みましょう!

 

オープニングの質問例:

「お会いできて光栄です。〇〇の〇〇と申します。」
「本日はお忙しい中、お時間をいただきありがとうございます。」
「ご無理をおかけして申し訳ありませんが、今日はよろしくお願い申し上げます。」
「前回の会議でのお話がとても興味深かったので、今日も楽しみにしています。」
「長い間お会いできず、今日はとても楽しみにしていました。」
「〇〇様、今日もよろしくお願いいたします。」
「この度は、お忙しい中お会いいただき、誠にありがとうございます。」
「遠方よりお越しいただき、ありがとうございます。」
「〇〇プロジェクトの話をするのを心待ちにしておりました。」
「ご連絡いただいた件について、今日詳しくお話を伺えるのを楽しみにしていました。」
「昨日の〇〇ニュース、どのような印象をお持ちですか?」
「お客様のターゲット層に対して最も効果的だと感じる広告手法は何ですか?」
「最近実施したキャンペーンで特に成功したと思われる要因は何でしょうか?」
「デジタルマーケティングの中で、今後注力すべき分野はどこだとお考えですか?」
「お客様のブランドイメージを一言で表すとしたら何ですか?」

上記のような会話例をフォーマットにし、打ち合わせ前にいくつか準備しておくと、
安心して打ち合わせに入れます。

時間が空いた時に打ち合わせ相手を想定し、
フォーマットを眺めることも大切です。
そして、思いついた質問をメモっておきます。

この時、特に大事なのは、『主役はクライアント』ということです。
自分の話題に終始することは避けることが大事です。

自分の話しは少な目だった。くらいの感覚で充分です。

 

共通の話題を見つける

共通の話題を見つけることは、今後の関係構築にも貢献します。

「先日の業界イベントに参加されましたか?私も参加してとても興味深かったです!」
など、共通の話題を見つけることで、自然な会話が生まれやすくなります。

業界イベントやニュースなど、クライアントと共有できる話題を見つけましょう。

相手の話を聞いて共感を示す

相手が苦労してそうな事を察し、質問することは効果的です。

例: 「先週の打ち合わせでお話されていた案件、大変そうですね。私も似たような経験があります。」

相手の話をよく聞き、共感を示すことで、クライアントとの距離が縮まります。
自分の経験も話すことで、よりリラックスした雰囲気になります。

軽いジョークを交える

タイミングを見て、軽い雰囲気作りも大切です。

例: 「プロジェクトが終わったら、きっと休暇に行きたくなりますね。私はビーチに行って、一日中寝ていたいです!」

適度なユーモアは、会話を楽しく盛り上げます。

賞賛や感謝の言葉をかける

例: 「先日のお話し本当に素晴らしかったです。おかげで、社内のプロジェクトがスムーズに進んでいます。」

相手を賞賛し、感謝の言葉をかけることで、ポジティブな印象を与えることができます。
相手の努力や成果を認めることで、自然と関係が深まります。

次に、エンディングの会話例です。

『終わり良ければ総て良し』です。
気持ちよく打ち合わせを終了させましょう。

そのことで、次回以降のアポイントがスムースになります。

エンディングの会話例

「貴重なご意見をいただき、ありがとうございました。」
「今日は大変有意義な時間を過ごせました。ありがとうございます。」
「今後ともよろしくお願い申し上げます。」
「お時間を割いていただき、感謝申し上げます。」
「次回の会議も楽しみにしています。よろしくお願いします。」
「本日は貴重なご意見をいただき、心から感謝しております。」
「次回のミーティングに向けて、本日の議論をもとに準備を進めてまいります。」
「今日のお話が非常に有益でした。ありがとうございました。」
「これからも一緒に素晴らしい仕事ができることを楽しみにしております。」
「本日は詳しくご説明いただき、大変勉強になりました。ありがとうございました。」
「本日は貴重なお話をお聞かせいただきありがとうございました。今後の広告戦略に役立てたいと思います。」
「広告戦略についてのご意見、大変参考になりました。次回のミーティングでもぜひお話を伺いたいと思います。」
「お客様のニーズに合った最適な広告戦略をご提案できるよう、引き続き努力してまいります。ありがとうございました。」
「今日のお話から、広告戦略に取り入れるべきポイントが見えてきました。次回の打ち合わせで具体的な案をお持ちします。」
「本日は広告に関する有益な情報をいただきありがとうございました。これをもとに、より効果的な戦略を検討したいと思います。」

エンディングの会話例もフォーマットにし持ち歩くようにしましょう。
そのことで打ち合わせに挑むことがプレッシャーで無くなります

 

まとめ:

クライアントとの会話を盛り上げる方法は、

  • 『オープンエンディングの質問をする』
  • 『共通の話題を見つける』
  • 『相手の話を聞いて共感を示す』
  • 『軽いジョークを交える』
  • 『賞賛や感謝の言葉をかける』

などがあります。

広告代理店のビジネスの場面においても、
オープニングやエンディングで適切な質問や締めの言葉を使うことで、クライアントとの信頼関係を築き、
円滑なコミュニケーションが可能になります。

相手に対するリスペクトや感謝の気持ちを忘れずに、より具体的な内容や業界に関連した話題を取り入れましょう。
これらの方法をうまく取り入れて、クライアントとのコミュニケーションを円滑に進めましょう。

相手の立場に立って考え、リスペクトし合うことが、最も重要なポイントです。

 

 

 

 

関連記事

  1. 2023年!先延ばしの法則とは

  2. 10年後無くなる仕事!

  3. ピーチジョンと炎上広告

  4. 記憶に残る広告キャンペーンの事例分析!

  5. ミレニアル世代とZ世代へのマーケティング

  6. ロボットと勝負する時代

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP