“解説:オリエンテーションシートとその重要性”

“オリエンテーションシートとは、
広告キャンペーンが進行する際、広告主(クライアント)から広告代理店へ詳細な説明を伝えるために用いられる重要な文書のことを指します。

これは、オリエンテーション(初期説明会)の際に配布され、キャンペーンの全体像を明確に伝達するための道具となります。”

オリエンテーションの役割とは?

“オリエンテーションの役割とは何でしょうか?

オリエンテーション(通称:オリエン)は、
大手広告代理店が頻繁に経験する一方で、中小広告代理店が比較的接する機会の少ない業務です。

このオリエンを通じて広告代理店は重要な提案の機会、つまりプレゼンテーション(プレゼン)を得ることができます。

具体的には、
オリエンは広告主が自社の広告キャンペーンを計画する際に、
そのキャンペーンの詳細内容を広告代理店に伝えるための説明会のことを指します。

そして、このオリエンの情報を基に、広告代理店はプレゼンテーションを準備・実施します。

特に、複数の広告代理店がプレゼンを行う場合(これが通常の状況です)
これは競争プレゼンテーション(通称:競合プレ)となります。

オリエンテーションのプロセス

オリエンテーションの際には、広告主から広告代理店へ様々な課題が提示されます。

これには、

  1. 「広告する商品やサービスの詳細情報」
  2. 「広告が果たすべき役割」
  3. 「新商品の企業内での位置付け」
  4. 「競合他社の情報」
  5. 「利用可能な予算」
  6. 「重点的に活用したいメディア」

など、多岐にわたる情報が含まれます。

これらの情報がまとめられたシートが、「オリエンテーションシート(オリエンシート)」と呼ばれています。

通常、広告代理店からは営業担当者とマーケティング部門の担当者がオリエンテーションに参加します。
彼らには、必要な情報を正確に把握し、オリエンシートをもとに適切な質問を行う能力が求められます。
重要な点を聞き逃さないように注意することが不可欠です。

 

 

 

オリエンテーションシートの重要性と役割

 

オリエンテーションシート(オリエンシート)は、
広告代理店がプレゼンテーションを成功に導くための極めて重要なドキュメントです。

このシートは広告主の営業担当者やマーケティング担当者だけでなく、
クリエイティブ部門、媒体部門、さらには社外の広告制作会社など、関係者全員と共有されます。
言い換えれば、オリエンシートが情報の中心軸となり、全ての関係者に対して一貫した情報が伝達されます。

オリエンシートの内容に基づき、キャンペーンのコンセプトが明確になり、
それに続いてクリエイティブの方向性、メディアプラン、そして販促に関するプランなどが具体化されていきます。
もしオリエンシートの内容に誤りがあれば、全員の進行方向がずれ、プレゼンテーションが成功する可能性は極めて低くなります。

プレゼンテーションに参加するマーケティング担当者やクリエイティブ担当者、
営業担当者によって、新たな情報が追加され、不要な部分が取り除かれ、完成度の高いプレゼンテーションが作り上げられます。

最終的には、コンペティションに参加する広告代理店のフォーマットに適応させ、
完成されたプレゼンテーションが生まれます。

では、オリエンシートには具体的に何が記載されているのでしょうか?オリエンシートの基本的な内容について確認してみましょう。

 

 

オリエンテーションシートの主要な要素

 

オリエンテーションシート(オリエンシート)の内容は、主に以下の6つの要素に分類されます。

  1. 商品またはサービスの詳細:シートの初頭部では、対象となる商品やサービスの特性について詳しく説明されます。
    これには商品のコンセプト、価格設定、流通チャネル、競合他社との差別化要素、そして購入方法などが含まれます。
  2. 想定するターゲット:商品やサービスの特性が明確になると、その対象となる顧客層、すなわちターゲットが定義されます。
    ターゲットの定義には性別、年齢、居住地、職業、生活状況などが考慮されます。
  3. 目的:商品やサービスの特性とターゲットが確定した段階で、ターゲットに対する目的が設定されます。
    これはインプレッション(認知度の向上)や特定のアクション(購入、資料請求、問い合わせなど)を促すことが一般的です。
    目的を明確にすることは、具体的で効果的なプレゼンテーションを作り上げるために非常に重要です。
  4. 目標:目的が設定された後は、その目的を達成するための具体的な数値目標が設定されます。
    これにはインプレッションの数量やアクションの数などが含まれます。
  5. 広告予算とプロモーション期間:目的と目標を達成するために確保された広告予算と、プロモーションを行う期間が明記されます。
    また、プレゼンテーションの内容が競合他社と適切に差別化されていることも重要とされます。
  6. その他の特記事項:その他の特記事項には、広告表現に関する指示や注意点、希望する広告メディアなどが含まれます。

これらの要素がオリエンシートの基本的な内容を形成しています。
そして、この情報を基に、広告代理店は創造的で、実現可能性が高く、コスト効率の良いプレゼンテーションの作成が求められます。

 

まとめ

 

オリエンテーションシートは、広告代理店にとっての重要な出発点であり、その仕事の初動を定義します。
プレゼンテーションの場だけでなく、日々の業務においても、商品やサービス、広告の内容に目を通し、上述の要素を常に念頭に置くことが求められます。

この習慣を持つことは、広告業界のプロフェッショナルにとっては非常に重要です。
それは、自身の視野を広げ、プレゼンテーション能力を自然と向上させ、最終的にはクライアントのビジネスを成功に導くための強力なツールとなります。

これらのポイントは、オリエンテーションに関する理解を深め、広告業界での成功に向けた道筋を示す重要な締めくくりです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA