売上をあげる方法

広告代理店の未来

広告代理店の未来について考える(2023年の視点)

「広告代理店」は『古い概念』であると言われていますが、
この記事では、その未来を再考し、新たな可能性を探ってみたいと思います。

広告業界の変革:広告代理店のデジタル化と未来の姿

私たちの生活環境は大きく変化し、その中心には「SNS」が位置しています。
若年層を中心に、Googleなどの検索エンジンからSNSへと検索行動が移行してきていると言われています。

さらにFacebook、Instagram、TikTokといったSNSは、すべての世代にとって日常的な存在となり、
広告の主戦場もまたこれらのプラットフォームに移行しています。

LINEも、個人間のコミュニケーションだけでなく、ビジネス上の連絡手段として利用される一方、
NetflixやAmazon Prime Videoなどの定額制動画配信サービスが急速に広がり、
地上波テレビや紙媒体の消費時間は大幅に減少しています。

そして、インターネットが普及した現在、情報は瞬時に入手可能で、
私たちの生活を支える大部分はオンラインで解決できます。
こうした変化が、広告業界にも大きな影響を及ぼしています。

異業種から広告業界への参入

一方で、新たな動きが広告業界に現れています。
異業種からの新規参入が増え、これまで聞かなかった企業が広告業界に進出してきています。

これら新規参入者の多くは、独自の技術力やノウハウを活用して広告市場を刷新し、売上と影響力を増しています。

この現象は、デジタル技術の普及によるものです。
アナログからデジタルへの移行は、新たな参入者に市場を開放し、革新的なプレイヤーが広告業界を活性化させています。
この傾向は、広告業界がより多様で先進的な形に進化する契機となっています。

AIとマーケティングの融合

こうした中で、広告業界が今後数年間で取り組むべき重要な課題は、『AIの活用』です。

AI技術の進歩は、パーソナライズされたマーケティングメッセージやキャンペーンの作成に新たな可能性をもたらしています。

これにより、『顧客データを活用して顧客エンゲージメントを最大化』し、
『新規顧客の獲得にかかる時間とコストを削減』することが可能になります。

これらの変化を受けて、広告代理店や企業は、デジタル技術とITの進歩について深く理解し、
これらを効果的に活用することが求められます。

こうしたデジタル変革に適応し、競争力を保つためには、

インターネット広告を専門とする企業に追いつくだけでなく、新規参入企業との協力関係を築くことも重要となります。

 

生活者中心の広告への転換

広告の形態もまた大きく変化しています。
企業は、単に商品を販売するだけでなく、ユニークな体験や価値を提供することに重点を置くようになっています。

例えば、トヨタ自動車は「車そのもの」ではなく「車による体験」を提供することを重視しており、
そのライバルは他の自動車メーカーではなく、GoogleやFacebook、Appleとみなしています。

このような変化に対応するため、
広告メディアも、従来の広告枠の販売から、体験を訴求する新しい広告枠の設定へとシフトする必要があります。

各業種のニーズに柔軟に対応するため、
既存の広告メディアは従来の価格設定や枠組みから脱却し、
よりクライアントファーストの対応を追求することが求められます。

こうした変革の中、
新しい視点で市場に切り込むことができる広告代理店は、インターネットだけでなく、オフラインの世界でも活路を見つけることができるでしょう。
今こそ、広告代理店が変化に適応し、広告業界の未来を切り開くための行動を起こす時です。

 

広告業界への新規参入企業とのパートナーシップ形成

 

新規参入企業はしばしば営業戦略に課題を抱えています。

これは、
従来型の広告代理店が業界知識、顧客リレーションシップを活かして新参者とのパートナーシップを築く絶好の機会です。

 

既存のクライアントベースと強固な営業スキルを武器に、新規参入企業との業務提携を進めることで、
従来の広告エコシステムを拡大し、新たなビジネスチャンスを掴むことが可能となります。

その一方で、デジタル化の波に乗るためには、新たなIT知識の習得が不可欠です。
「いかに短期間に費用を掛けずにITの知識を得ることができるか」を優先的に考え、
その実現に取り組むことが求められます。

新規取り組みに対するリスク軽減も視野に入れ、
組織全体がデジタル変革に適応できるよう努力することが必要となります。

広告枠の再定義と販売方法の見直し

従来の広告枠販売のやり方も変革の時を迎えています。
広告販売側の論理や都合が通じる時代は終わっています。

今後は、『より体験を訴求する広告枠の設定』と、
それを『柔軟に管理・販売できる新しい手法を模索』することが求められるはずです。

企業がユニークな体験や価値を顧客に提供する姿勢に変わったように、
広告メディアもその姿勢を反映する必要があります。

「すべての広告主に対して、同料金を提示しなければいけない」などの従来型の枠組みから脱却し、
より顧客中心の広告枠の提供と料金設定を考えるべきです。

広告主が求める独自の体験や価値を反映した広告枠を設定し、それを適切な価格で提供することが求められます。

このような新しい試みは、広告代理店とメディア側双方の理解と協力が必要となります。
しかし、この変革を通じて、広告代理店は新たな付加価値を提供することが可能となります。

このようなアプローチにより、広告代理店はオフラインの世界で活路を見つけ、
デジタル業界の激しい競争から一線を画すことが可能となります。

「デジタルファースト」の未来に備える

上記のようなアプローチをしながら、最終的に、広告代理店が今後も成功を収めるためには、
「デジタルファースト」の視点を持つことは、やはり不可欠でしょう。

デジタルテクノロジーの普及と進化は、
広告代理店にとって大きなチャンスと課題をもたらしています。

これを逆手に取り、デジタルメディアの可能性を最大限に引き出すことで、
広告代理店は新たなビジネスモデルを創出し、顧客との強固な関係を維持することができます。

また、新たなデジタルスキルを習得し、デジタル化の波に適応することで、広告代理店は自社の価値を高め、
より広範な顧客ニーズに応えることが可能となります。

『顧客エンゲージメントの最大化(※)』『コストと時間の削減』
そして『新規参入企業とのパートナーシップ形成』など、デジタル化がもたらすチャンスを積極的に活用することで、
広告代理店は新たな成長を遂げることができるでしょう。

(※)顧客エンゲージメントの最大化とは、企業が顧客との相互作用を最大限に高める取り組みを指します。

エンゲージメントは、『顧客がブランドや製品・サービス』に対してどれだけ積極的に関与しているかを示す指標で、
購入行動だけでなく、ソーシャルメディアでのシェア、レビューの投稿、イベントへの参加など多岐にわたります。

エンゲージメントを最大化することで、顧客のブランドに対するロイヤルティを高め、
リピート購入や口コミによる新規顧客獲得を促進することが可能となります。
具体的な取り組みとしては、
『パーソナライズされたコミュニケーション』『高品質なコンテンツの提供』『ソーシャルメディアでの活動』『顧客のフィードバックへの反応』などがあります。

広告代理店のみらい(2023年)まとめ

広告代理店の未来は、
『テクノロジーとの融合』『顧客ニーズの理解と対応』そして『デジタルトランスフォーメーションへの積極的な取り組み』
によって定義されるでしょう。

これらの要素が組み合わさることで、広告代理店は新しい価値を創造し、
広告業界における競争力を維持することが可能となります。

変革は困難かもしれませんが、これが広告代理店の生き残りと成功への道となるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 2016年PDCA

  2. “広告業界の新たな潮流:セントラルメディア・バイイングとそ…

  3. 新聞発行部数2019年3月(5大全国紙)

  4. ミレニアル世代とZ世代へのマーケティング

  5. 顧客は目の前にいます!

  6. 会社を左右する経営者の経営方針

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP