広告豆知識

広告の世界が変わる?Cookie廃止の影響とは?

最近、「Cookie廃止」という言葉を聞く機会が増えていませんか?

この言葉は、インターネットを使う私たち全員に影響を与える変化を指しています。

特に、ネット上での広告を目にすることが多い生活者だけでなく、
広告で仕事をする広告業界の人にとって、この変化は非常に大きな意味を持ちます。

Cookieとは何か、そしてなぜ廃止されるのか?

Cookieとは、インターネットを使っているときに、私たちの好みや行動を記録する小さなデータのことです。

例えば、あなたがオンラインショップで靴を見ているとき、その情報がCookieに保存され、
次にそのサイトを訪れたときに同じ靴の広告が表示されることがあります。

これはCookieがあなたの興味を記憶しているためです。

しかし、これがプライバシーの問題にもつながり、
Googleなどの大手企業はプライバシー保護のためにCookieの使用をやめる方針を打ち出しました。

 

広告業界の大きな変化

Cookieの廃止は、私たちがどのように広告を見るかを大きく変えます。
今までは、私たちの興味や行動に基づいてパーソナライズされた広告が表示されていましたが、
Cookieがなくなると、それが難しくなります。

例えば、スポーツ好きの人にスポーツ用品の広告を、
料理好きの人にはキッチングッズの広告を表示するような、個別に合わせた広告が出しにくくなるのです。

これにより、広告業界では新しい方法を見つけなければならなくなり、
新しい施策の開発の為に、企業間での合併や買収が活発になる可能性すらあります。

新しい広告の形

Cookie廃止に伴い、広告業界ではプライバシーを尊重しつつ効果的な広告戦略を展開するために、
さまざまなアプローチが採用されています。以下はいくつか例を上げてみましょう。

  1. ファーストパーティデータの活用強化:
    ウェブサイト運営者やブランドが直接収集するデータ(ファーストパーティデータ)の重要性が高まっています。
    このデータは、ユーザーが自ら提供した情報や、ウェブサイト内での行動に基づくもので、プライバシーに配慮しながらパーソナライズされた体験を提供することが可能です。
    例えば、顧客がウェブサイトでアカウントを作成し、好みや興味を登録することで、そのデータを基にしたカスタマイズされたコンテンツや広告を提供できます。
  2. コンテクスチュアルターゲティングの復活:
    コンテクスチュアルターゲティングは、ユーザーの行動ではなく、コンテンツの内容に基づいて広告を配置する方法です。
    例えば、料理関連の記事やビデオのページに食品やキッチン用品の広告を表示することです。
    この方法はプライバシーに侵入しないため、Cookie廃止の環境でも効果的に機能します。
  3. プライバシーサンドボックス(Google提案):
    Googleは「プライバシーサンドボックス」という新しい技術的枠組みを提案しています。
    これは、ユーザーのブラウジング履歴を個人レベルで追跡することなく、ユーザーグループ(コホート)に基づいて広告を表示する方法です。
    ユーザーはプライバシーを守られつつ、興味や需要に応じた広告を受け取ることができます。
  4. ユニバーサルIDソリューション:
    複数の企業や組織が協力して、Cookieに代わる識別子を開発しています。
    これらのユニバーサルIDは、ユーザーの同意に基づいて収集されたデータを使用し、
    異なるサイトやプラットフォーム間でユーザーを識別することが可能です。
    例えば、The Trade Deskの「Unified ID 2.0」などがあります。

これらの例は、
Cookie廃止後の世界において、広告業界がプライバシーを尊重しながらも、
引き続き効果的な広告戦略を展開するためのアプローチ方法を模索していることを示しています。

変化に適応する企業

このような大きな変化の中で、柔軟に対応し、新しい技術やアイデアを取り入れる企業は生き残ります。

例えば、AI技術を使ってより精密なターゲティングを行う企業や、
ユーザーのプライバシーを尊重しながら効果的な広告を提供する方法を開発する企業が注目されるかもしれません。
一方で、変化に適応できない企業は市場から姿を消すことになるでしょう。

まとめ

「Cookie廃止」という変化は、広告を見る私たちの体験だけでなく、広告業界全体に大きな影響を与えます。

デジタル広告業界では、技術の進化とプライバシー保護の取り組みが絶えず相互作用し、まるでイタチごっこのような動きを見せています。

技術革新が新しいターゲティング手法をもたらす一方で、これらはプライバシーに関する懸念を引き起こし、さらなる規制を招くことがあります。

各国の厳しいプライバシー規制に対応するため、
業界はプライバシーに配慮した新しい広告技術や手法を開発していますが、これらも将来的には新たな懸念を生じさせる可能性があります。

同時に、消費者のプライバシーに対する意識の高まりは、より透明でコントロール可能なデジタル環境を求める声を強めており、
企業はこれに応える形でプライバシーを尊重する方向に進むことが求められています。

このように、技術、規制、消費者意識の間のダイナミックな関係は、デジタル広告業界の進化と共に続いていくでしょう。

関連記事

  1. 注目の『ブランドジャーナリズム』とは

  2. Facebook広告の使い方(種類)

  3. 大型(街頭)ビジョン設置の考え方

  4. インターネット広告の種類①(デバイス編)

  5. “広告vsPR!”あなたのビジネスに最適な戦略はどっち?

  6. 『4P理論』と『4C理論』の違いとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP