インターネット広告の課金の仕組み

インターネット広告の世界は、PC、スマートフォン、フィーチャーフォン向けと様々なデバイスで展開され、
それぞれには特色があります。

特に課金の仕組みは、従来のアナログ媒体と比べて少々複雑です。

ここでは、その仕組みを2024年の最新の情報をもとに、
わかりやすく、説明します。

インターネット広告の課金方法の種類

インターネット広告は、PC向け・スマートフォン向け・フィーチャーフォン(携帯電話)
向けとデバイス別に仕様や特徴が異なります。

 

インターネット広告の課金方法には大きく分けて以下の4つがあります。

  1. インプレッション保証型
  2. クリック保証型
  3. 成果報酬型
  4. 期間保証型

それぞれについて、もう少し掘り下げてみましょう。

 

インプレッション保証型

インプレッション保証型は、広告が表示された回数に基づいて課金されます。
広告がユーザーの画面に現れた瞬間、それが1ページビューとしてカウントされ、広告主に課金されます。
ブランディングキャンペーンに活用されます。

例えば、新しいスニーカーブランドが市場に登場したとしましょう。
このブランドはまず、自分たちの存在を広く知らせることを目指します。
ここで選択されることが多いのがインプレッション保証型です。

広告が10万回表示されるごとに一定額を支払う契約を結びます。
この方法では、たとえ誰も広告をクリックしなくても、ブランド名が多くの人々に認知される機会を確保できます。

クリック保証型

クリック保証型とは、ユーザーが広告をクリックした時点で初めて課金される方式です。

広告の効果を直接的に測定しやすく、多くの業種で好まれています。
クリック後のランディングページの品質が成功に大きく影響します。

例えば、ある旅行代理店が新しいリゾート地への旅行パッケージを宣伝したいと考えているとします。

この場合、クリック保証型の広告が選ばれることが多いでしょう。
まずは、旅行好きがよく訪れるウェブサイトに広告を出します。

この場合、ユーザーが実際に広告をクリックした場合にのみ料金が発生します。

例えば、広告がクリックされるたびに契約した料金を支払うという契約です。
このモデルでは、興味を持ったユーザーだけが広告主のサイトに誘導されるため、
広告費用に対するROI(投資収益率)を高めることができます。

成果報酬型

成果報酬型とは、ユーザーが商品を購入したりサービスに申し込んだりした場合にのみ課金される方式です。

リスクは低いですが、課金額は比較的高めになります。
特に高価格なサービスや商品を提供している業種に適しています。

例えば、あるオンラインの英会話スクールが入学の宣伝しているとします。

このような場合、成果報酬型の広告を選択される場合が多くなります。
実際に申し込んだユーザーに基づいて支払いを行います。

例えば、新しい学生一人につき契約金額を支払うという契約です。
このモデルは、広告主にとってリスクが最も低く
実際の成果(この場合は新しい学生の登録)にのみ基づいて支払いが発生します。

期間保証型

広告が特定の期間中に表示されることを保証するタイプです。
掲載期間が設定され、その間に適宜露出回数を調整します。安定した露出を求める広告主には安心の選択肢です。

例えば、ある飲食業がプロモーションを宣伝したいと考えているとしましょう。

そして、期間保証型の広告を選び、商業範囲を中心とした地域のイベントガイドウェブサイトに1ヶ月間広告を掲載します。
この契約では、広告が特定の期間(1ヶ月)表示されることが保証されており、期間中は何度でも露出することができます。

これにより、レストランはプロモーション期間中、
一貫して広告を掲載することができ、地域社会にその存在を強く印象付けることができます。

上記のように、
インターネットの広告課金モデルは、広告主の目的やリスク許容度、予算に応じて適切に選択されます。

インターネット課金のまとめ

インターネット広告は、その柔軟性と測定可能性から、多様なニーズに対応できるのが特徴です。
2024年以降も、これらの課金方法はさらに精査されるでしょう。

広告キャンペーンを始める際は、まずクリック保証型で効果を測定し、
その結果をもとに他の広告形態へと広げていくのが賢い戦略です。

そして、それぞれの特徴を理解し、自社の目標に最適な方法を選ぶことが成功への鍵となります。

インターネット広告は初心者では理解が難しく、一筋縄ではいかない分野ですが、
適切に活用すれば大きな成果を期待できるでしょう。