コラム

広告費をかけずに注目を浴びる秘策:真逆発想法!!

商売をしている人なら誰もが望むのは、広告費をかけずにメディアへの露出です。
しかし、多くの人が「絶品の料理を開発したのに取材に来ない…」と悩んでいます。

実は、その『理由は話題性の欠如』にあります。

自分達が思っているほど、自分が考えた企画やキャンペーンに話題性は無いのです。
なぜなら、他の店も同じようなことを言っているからです

たとえば、クリスマスやハロウィンの企画を考えているとしましょう。

「カップル限定クリスマス特別セット」や「ハロウィン衣装での割引」「夏休みに浴衣で来たら半額」など、
これらの企画は実施する企業が多数存在する為、マスコミにとって当たり前の企画として受け止められる可能性が高いのです。

では、どうすればいいのでしょうか?

 

「マスコミを呼ぶための真逆発想法!」

実は、真逆の発想をすることがポイントなのです。

例えば、2018年度のクリスマスに話題となったあるレストランのキャンペーンを思い出してみましょう。

 

「クリスマス!カップルお断りのレストラン」という企画です。

このキャンペーンでは、カップルをターゲットにする時期に、わざとカップルを排除したのです。
この斬新な発想により、マスコミの興味を引くことに成功し、多くの一人客が集まりました。
クリスマスに一人で美味しい食事を楽しみたい人は意外と多いのです。

このように、逆から考える方法はマスコミの注目を浴びるために非常に効果的です。

例えば、ハロウィンの企画でも「ハロウィン衣装お断り」というアプローチをすると、
マスコミが『なんで?』と興味を持ち、取材してくれるかもしれません。

重要なのは『取材心をくすぐる』ことです。

例えば、猛暑の「海の日」には「浴衣デー」を開催するよりも、
「熱々おでんフェア」や「激辛の日」といった方が話題性があります。

また、バレンタインデーにはチョコではなく、どら焼きのみ販売するという斬新なアイデアもあります。

2月14日を「どら焼きの日」と宣言し、口コミで広がる可能性もあります。

何か変わったことを実施すれば、「変わったお店発見!」という話題が広まり、マスコミの目に留まるでしょう。

多くの人は当たり前の時期に当たり前のキャンペーンを実施してしまいます。
その結果、全く話題にならないのです。

しかし、逆から考えることで思わぬビジネスチャンスが生まれることもあります。

真逆発想法の例!

それでは、真逆発想法の例を3つ上げてみましょう!

①「真夏の海の日に雪まつり!逆説の涼しさを満喫」

夏の海の日」に「雪まつり」を開催する:夏の暑さから一変して冬の雰囲気を演出し、雪で作られたスノースライダーやかき氷などを楽しめるイベントを開催します。
この逆説的な企画はマスコミの注目を集めることができるでしょう。

 

②「母の日を子ども限定イベントに!驚きと感動の特典が満載」

母の日」に「子ども限定イベント」を開催する:通常は母親が特典を受けるイベントですが、逆に子どもたちに特典を与えるイベントを開催します。
例えば、子どもだけが参加できるワークショップや無料の子供向けメニューなどを提供します。この斬新な発想はマスコミの興味を引くことができます。

③「ゴールデンウィークにゆったり過ごそう!静けさと贅沢を求める特別プラン」

「静寂と贅沢のゴールデンウィーク!特別プランで至福のひとときを」
この例では、通常は賑やかなゴールデンウィークに対して逆に静けさと贅沢を追求した特別プランを提供します。
タイトルでは、静寂と贅沢がキーワードとなり、ゴールデンウィークを過ごす中での至福のひとときをアピールしています。

上記の例は「真逆から考える」という視点で考えました。
普通の時期やイベントに対して逆を行くアプローチを取っています。

逆から考える発想は、マスコミや人々の興味を引くために非常に有効な方法です。

 

普通の枠にとらわれず、独自のアプローチや斬新なアイデアを取り入れることで、注目を浴びることができます。

もしも自分の企画やキャンペーンが取材を呼ぶような話題性がないと感じるのであれば、
一度全否定してみることをおすすめします。

自分の実施していることを客観的に見つめ直し、何か新しいアプローチや斬新なアイデアを考えてみましょう。
特に『SNSでのインスタ映えや話題性を意識する』とさらに効果的です。

マスコミを呼びたい方は、この真逆発想法を試してみる価値があります。
広告費をかけずに注目を浴びるためには、普通のことではなく、逆を行くアイデアや企画が必要です。
是非チャレンジしてみてください!

素晴らしいアイデアが生まれることを祈っています!

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. テレビCMの未来か? 日本テレビの革新的な取り組みとその影響

  2. 新聞社デジタル化への取り組み状況

  3. “タッチポイントとは?マーケティング成功への基本ステップ&…

  4. GRPとその活用法を理解する

  5. 儲かっている飲食店のコスト構造とは!

  6. 成功へのパスを切り開く効果的な広告戦略の作り方

PAGE TOP