大型ビジョンを効果的に活用する最新戦略!

現代の広告業界は、日進月歩で変化しており、DOOH(Digital Out Of Home Media)も重要な戦略となっています。
この記事では、大型ビジョンを例にDOOH広告の効果的な活用方法と、最新の戦略について掘り下げます。

まず、DOOH広告とは何か?
DOOH広告は、主に街中や公共交通機関、商業施設などに設置されたデジタルサイネージを活用した広告手法です。
東京、大阪、福岡、札幌などの主要都市を中心に活用が増えています。

今回は、DOOHをより効果的に活用する方法について考えてみましょう。

代表的なメディアである『大型ビジョン(街頭ビジョン)』を例に考えてみましょう。

DOOHを広告メディアとして活用する場合に、最初に注目することは、
自社の広告が常時露出されないということです。

DOOHマーケティングを最大限に活かす最新戦略とヒント

 

大型ビジョンの広告は、15秒の広告が1時間に4回放映されるのが基本パターンとなっています。
つまり、1時間あたりの占有率は1/60です。これを考慮しながら、費用対効果や広告展開の有効性を慎重に考える必要があります。

広告主の目的と活用方法

 

大型ビジョンの活用方法は主に以下の2つが考えられます。

  1. 店舗誘導としての活用:
    大型ビジョンの近隣にある地元の企業が、少額の広告予算(月数万円〜20万円程度)を投入し、
    店舗への集客を目的とします。通常、長期間にわたって放映されます。
  2. 多メディアとの連動: メーカーなどの企業が、新商品の発売などで、テレビCMなどと連動し、短期間の放映を実施(1週間〜2週間程度)
    メーカーが実施しますので広告予算は比較的大きくなります。

では、どうすれば効果的に活用できるのか?それぞれについて考えてみましょう。

 

①店舗誘導としての活用

スポンサーの規模は小さくなります。
投下される広告予算は1ヶ月に数万円から20万程度が上限です。

テレビのCM素材などは持っていませんので、手持ちの静止画などで放映を実施します。

店舗等への集客が目的ですので放映期間は長期間となるのが普通です。

Webサイトに誘導する。少しずつ記憶してもらう。というようなクリエイティブが求められます。

 

②多メディアとの連動

最も多いのが、テレビCMなど動画CMを持っているる広告主が利用する場合です。

他メディアと連動しながら実施するのが普通ですので、投資される広告予算も大きくなります。

この場合、最初に考えるべきことは、渋谷などの大都市に集中するか?様々なエリアに分散するか?です。

エリア拡散で広告効果を拡大する

大型ビジョンの費用対効果を考える時に前提として重要なことがあります。
それは、どの地域で放映しても費用対効果は一緒だということです(非常に重要です)

東京の渋谷や新宿などの繁華街では、来街者が多い一方で、広告の放映料が高額です。
これに対して、首都圏や地方の大型ビジョンでは来街者が少なくなる可能性がありますが放映料は低いです。
これにより、大型ビジョン間での費用対効果に大きな差はなくなります。

しかも、上野や浅草、秋葉原エリアなどでは、広告予算が少ないに関わらず、
渋谷などの繁華街にサーキュレーションは劣りません。

つまり、費用対効果に差が無いのであれば、
1か所に集中することなく、放映エリアを増やした方が『異なる多くの接触人数に訴求が可能』ということになります

同じ人数に訴求するなら、より多くの場所で放映した方がリーチ数は増えるからです。

上記を踏まえて、大型ビジョンの効果的な活用方法を整理してみましょう!

複数エリアでの放映

前述の通り、高価な1エリアに集中するよりも、複数のエリアで放映する方が、費用対効果が高まります。
安価でサーキュレーションの多いエリアと地方エリアなどを組み合わせることで、異なる市場でのブランド認知を広げることができます。

ソーシャルメディアとの連携

SNSやモバイルアプリと大型ビジョン広告を連動させることで、より深いエンゲージメントを生むことができます。
海外ではWebマーケティングと屋外広告の連動は普通です。オンラインとオフラインの組み合わせは積極的に考えたい展開です。

最新戦略:データドリブンな広告配信

近年では、データを活用して広告配信を最適化する手法が注目されています。
Docomoなどのデータを活用したエリア配信、天気予報や時間帯などのリアルタイムデータに基づいて、
広告内容を自動的に変更することで、ターゲット層に対するリーチ効果を高めることが可能です。

 

表:一般等の的なDOOH広告戦略の費用対効果

項目 単一エリア放映 複数エリア放映 データドリブン配信 ソーシャルメディア連携
接触人数
ターゲットの精度
費用対効果
長期的なブランド認知

大型ビジョンの効果的な活用方法のまとめ

 

DOOH広告、特に大型ビジョンは、放映エリアの選定、SNSとの連携など多くの要素が絡み合います。
最適な戦略を立てるためには、広告の目的とターゲット層を明確にし、ターゲットに合った内容を提供する必要があります。

また、予算の配分についても慎重に検討する必要があります。
大型ビジョンが集中している地域だけでなく、さまざまなエリアでの放映を検討し、ブランドのリーチを広げる方針が有効です。

今後は、新たな技術の活用にも目を向けましょう。
拡張現実(AR)技術を用いて、広告に対するユーザーのインタラクションを生み出すなど、
積極的にイノベーションを取り入れることで、DOOH広告はさらなる可能性を秘めています。

 

DOOH広告はその特性上、非常にダイナミックで変化に富んだメディアです。
これを効果的に活用し、時代のニーズに応じた戦略を展開することで、広告主は市場での競争力を強化することができるでしょう。

 

 

大型ビジョンの効果測定方法!はこちらです。

 

大型ビジョン設置の考え方!はこちら!