コラム

初心者必見!“PRプラン”の立て方解説!

こんにちは!
最近、企業や個人のブランドを知らせるための『PR』が益々注目されていますよね。
これからの流行に乗り遅れないために、効果的なPRプランの立て方を初心者向けに分かりやすく解説します。

まず、『PRとは何か?』というと!
「Public Relations」の略で、
日本語では「広報活動」のことを『PR』と表現するのが一般的です。

「企業のこと」や「商品やサービス」の良いイメージを人々に知ってもらうための活動と思ってください。

PRプランを立てる前に考えること

PRプランは漠然と考えても成功しません。

PRプランを考える前に最低限決めておくべき前提があります。

①『ターゲットを絞る』②『メッセージを考える』③『バジェットを決める』の3点をまず決めましょう。

誰を相手にメッセージを発信するのか?どんな内容を発信したいのか?予算はどれくらいあるのか?
この内容が決まっていなければ何も決められません。

それぞれ考えてみましょう!

 

①ターゲットを絞る

PRの目的を明確にし、誰に向けて情報を発信するのかを考えます。

ターゲットを絞ることは、ビジネスやマーケティングの成功にとって非常に重要な作業です。
ターゲットを適切に絞り込むことで、限られた人材や予算のリソースを最大限に活用することができます。
下記6点を中心に考えてください。

1. ビジネス目標を明確にする

まず、あなたのビジネスが何を目指しているのかを明確にしましょう。
実は、この部分が曖昧な人が多いんです。
提供する製品やサービスが解決する問題は何か?
つまり、ターゲットとなる顧客に対して「どのような価値を提供できるのか?」を整理することが重要です。

2. 基本的な顧客プロフィールを作成

理想的な顧客像を思い浮かべたら、基本情報(年齢、性別、地域、職業等)をリストにしまます。
このプロフィールが、ターゲットマーケットを絞り込む際の出発点となります。
いわゆる『ペルソナの設定』という作業です。
『3M理論』も参考になるでしょう。

顧客がどのようなニーズや趣味を持っているのか?

年齢、職業、趣味などできる限り特定します。
「特定し過ぎ」を心配する方が多くいますが、出来る限り絞って問題ありません。
特定の人物を1人特定し、名前を付けて、その人をターゲットに特定する人もいるくらいです。

 

また、ある程度の予算がある場合は、市場調査を実施します。

3. 競合他社を分析

競合他社がどのようなターゲット市場に焦点を当てているかを調査します。
競合他社がどのような広告を実施しているのか?どのようなサービスが好評なのか?
しっかりと調査します。
成功しているのであれば参考にするのが得策になります。

競合他社がある場合は、費用を掛けずに参考になる材料がありますので、
遠慮しないで勉強する感覚が必要です。

競合他社と同じターゲットなのか?異なるサービスがあればターゲット層を広げることもできるでしょう。

4. サイズとリソースを考慮

ターゲット市場があまりにも広い場合、リソースが分散してしまう可能性があります。
リソースや市場のサイズを考慮しながら、適切なバランスを見つける必要があります。
サービスできる量、商圏などを考慮します。

5. テストと評価

ターゲットの特定ができたら、いくつかのターゲット市場に対して、
少額のマーケティングキャンペーンを実施し、どの市場が最も反応が良いかをテストします。

インターネットが無い時代は簡単ではありませんでしたが、
今では『A/Bテスト』という言葉があるように、ネット広告で、効果のある広告の調査が簡単に実施が可能です。
できる限り実施するようにしましょう。

この段階では、広告のクリック数、リードの獲得数、購買行動などをモニタリングして、結果を評価します。

また、この段階でも、顧客からのフィードバックを積極的に収集することは重要です。
顧客の声を聴くことは、市場のニーズやトレンドを把握し、ビジネスを適切に調整する上で非常に重要です。

6. 継続的な見直し

ローンチ後に通じる考え方ですが、
市場は常に変化しているため、定期的にターゲット市場の見直しを行い、変化に適応することは重要です。
テスト段階でも、納得できないのであれば見直し作業は必要です。
これにより、ビジネスは常に最も効果的なターゲットに焦点を当てることができます。

ターゲットの特定が終わったら、そのターゲットに対する『メッセージ』を考えます。

メッセージを考える

特定したターゲットに対して、『何を伝えたいのか?』明確なメッセージを考えます。
これが曖昧だと、受け手は興味を持ちません。

この時に、多くの方が犯す過ちは『自社の自慢話し』に終始することです。
『こんなにすごいんだ』『こんなにいろんな機能があるんだ』『こんなに美味しいんだ』
と一方的に訴求してしまうことです。

顧客が知りたいのはベネフィットです。
顧客は『この商品やサービスを受けることで自分にどんなメリットがあるんだ』と考えています。
この視点は絶対に忘れないようにしましょう!

下記に例を記載します。
参考にしてください。

例1: スマートウォッチの販売キャンペーン

  • ターゲット: 20代〜30代の健康志向でテクノロジーに興味のある人々
  • メッセージ: “健康管理がもっと簡単に。あなたのライフスタイルにフィットするスマートウォッチで毎日のアクティビティをトラッキングしましょう!”

この例では、製品が健康管理とテクノロジーの両面を持っているため、
健康志向でありながらテクノロジーにも興味がある若い世代をターゲットにしています。
メッセージでは、製品がどのように彼らのライフスタイルに役立つかを明確に伝えています。
そして、『ジム』『ランニング』『ウォーキング』『マリンスポーツ』など様々な場面で利用している姿を予想できるように表現します。

例2: オーガニック食材のデリバリーサービス

  • ターゲット: 30代〜50代の働く女性、特に子育て中の母親
  • メッセージ: “新鮮で安心なオーガニック食材を、お忙しいあなたのためにお届け。家族の健康を守りながら、時間も節約。”

この例では、健康に気を使いつつ、時間が限られているという特性を持つ働く女性や子育て中の母親をターゲットに設定しています。
メッセージは、サービスがどのように彼女たちの生活を支援し、家族の健康を守る手助けをするかを強調しています。

これらの例のように、ターゲットとメッセージは密接に関連しています。
それぞれが他方を補完するようなイメージで考えていきましょう!

バジェットを決める

限られた予算内で、どれだけの効果を上げられるか考えます。

適切なバジェット管理は成功の鍵です。
PRや広告に投下する予算は『投資』です。
収益と支出のバランスを保ちながら、リスクを最小限に抑える感覚を持ちながら考えましょう。

『ターゲットを絞る』『メッセージを考える』『バジェットを決める』の3点が決まったら、
最新のトレンドを取り入れることも検討します。

2023年の最新トレンドを取り入れる

今はトレンドの変化が非常に早く変わります。
都度、チェックすることを忘れないようにしましょう。

1.SNS活用

InstagramやTwitter、FacebookなどのSNSは、広報活動において非常に効果的です。
最近では、TikTokを活用したPRも人気が高いです。どのSNSが相性がいいのか?
最新の動きをチェックします。
年齢層が比較的高めであればFacebook、拡散がしたいのであればTwitterなど。
目的に合わせて検討しましょう。

2.インフルエンサーとのコラボ

YouTubeやInstagramのインフルエンサーとコラボすることで、ターゲット層に直接アプローチできます。
今や欠かせない手法でもあります。インフルエンサーはフォロワー数で金額も様々です。
人気のインフルエンサーは高額ですので、安価な展開も検討します。
『マイクロインフルエンサー』の活用など予算にマッチしたコラボが可能です。

3.バーチャルリアリティ (VR)

VRを使ったPRも増えています。
バーチャル空間でのイベントや展示会も数多く実施されるようになってきています。
展示会などでの『新しい体験の提供』は話題を集めることが可能です。

準備ができたら、PRプランの実行です。

PRプランの実行

PRプランの実行は長期に渡ります。
しっかりとスケジュールを立て実行を開始します。

1.タイムラインを作成

最初に取り組むのは、『キャンペーンの開始から終了までのスケジュールを明確』にすることです。
どのタイミングで何を行うのかを計画します。

2.コンテンツを工夫

広報活動では、ビジュアルやコンテンツが重要です。
コンテンツを工夫する際は、ターゲットの関心を引き付けるために、創造性が重要です。
また、各コンテンツがブランドのメッセージと一致していることを確認することも忘れてはいけません。
成功するPRは、魅力的なコンテンツと戦略的な配信を組み合わせたものです。

コンテンツを工夫することは、ターゲットオーディエンスに強く訴えかけ、
プロジェクトや製品に興味を持ってもらう上で非常に重要です。

以下に例を上げてみましょう!

①インタラクティブなクイズ

ウェブサイト上で、ユーザーが参加できるインタラクティブなクイズを作成します。
例えば、健康飲料ブランドが「あなたの健康年齢は?」というクイズを提供。
これにより、ユーザーが自分の健康について考えるきっかけを作り、ブランドの健康飲料に関心を持ってもらえます。

②インフォグラフィック

複雑な情報やデータを視覚的にわかりやすく伝えるインフォグラフィック。
例えば、環境に優しい製品を販売する企業が、製品が環境に及ぼすポジティブな影響についてのインフォグラフィックを共有します。

③チュートリアル動画

視覚的に学ぶことができる動画は非常に人気です。
DIY工具のメーカーであれば、その工具を使用して簡単な家具を作る方法を示すチュートリアル動画をYouTubeで公開することで、
製品の有用性をアピールできます。

④ユーザージェネレーテッドコンテンツ (UGC) キャンペーン

フォロワーやユーザーに自分たちのコンテンツを作成してもらう方法。
例えば、ファッションブランドがハッシュタグをつけて自分の服を着た写真をSNSに投稿するキャンペーンを行う。
これにより、実際の人々が製品をどのように楽しんでいるかを見せることができます。

⑤ライブQ&Aセッション

企業のエグゼクティブや製品開発チームが、FacebookライブやInstagramライブでリアルタイムでユーザーの質問に答えるセッションを開く。
これは、ブランドと消費者との間に信頼関係を築く効果的な方法です。

3. ストーリー形式のコンテンツ

InstagramやFacebookのストーリー機能を使って、製品の背後にあるストーリーや企業の日常をシェアします。
これにより、消費者がブランドに感情的な関与を持つ手助けをします。

4. ポッドキャスト

話題の専門家を招いて、ブランドや業界に関連するトピックについて話し合う『ポッドキャスト』を開始するのも良いでしょう。
ブランドを権威ある情報源として位置づける良い方法です。

5. バーチャル・オンラインイベント

コロナ以降、バーチャルイベントも日常的になりました。
ウェビナーやバーチャルプロダクトローンチなど、オンライン上でのイベントを通じて、広い範囲のオーディエンスと繋がることができます。

キャンペーンを実施したら、効果測定が必要です。
『KPIの設定』はどの企業でも聞かれるようになっています。
個人の方では難しい部分もありますが、出来る限り実施するようにしましょう。

効果測定とフィードバック

まずは、KPIを設定します。
KPI(Key Performance Indicator)とは、成果を測定するための指標です。
フォロワー数、ウェブサイトの訪問者数、販売数など、目標に応じてKPIを設定します。

KPI(Key Performance Indicator)を設定する際には、
その指標がビジネス目標に対してどれだけ効果的かを考えなければなりません。以下は、KPI設定の効率的なコツです。

KPI設定のコツ

1. スマートな目標設定

KPIを設定する前に、ビジネス目標を「SMART」に定義しましょう。
すなわち、Specific(具体的)、Measurable(測定可能)、Attainable(達成可能)、Relevant(関連性がある)、Time-bound(時間制限がある)であることが重要です。
これにより、KPIが実際のビジネス目標と整合性を持つようになります。
良く分からない場合は専門家の意見が必要になりますが、
予算の無い場合などは、前半の3項目(達成可能であるか?)までは考えましょう。

2. 優先順位をつける

全てのKPIが同じ重要性を持つわけではありません。
ビジネス目標に最も直結するKPIを特定し、それらに優先順位をつけましょう。
これにより、リソースを最も効果的なエリアに集中させることができます。

3. 過度なKPIを避ける

KPIはあまり多く設定しすぎないようにしましょう。
多すぎると、フォーカスが散漫になり、結果的には重要な指標を見逃してしまう可能性があります。
重要なものに絞って設定し、それに集中することが効率的です。

4. チームとコミュニケーションを取る

KPIは組織全体の目標に関連しているため、関連するチームメンバーとのコミュニケーションを欠かさず、
彼らのフィードバックも取り入れましょう。
これにより、現場の意見を反映した現実的なKPIを設定することができます。

つまり、KPIは全員で共有する数値ということになります。

5. データを活用する

KPIを設定する際には、過去のデータや業界のベンチマークを参考にしましょう。
これにより、不明瞭な部分が解消されリアルな目標を設定することが可能になる場合が多々あります。

6. 定期的な見直し

ビジネス環境は常に変化しているため、KPIも定期的に見直しを行い、必要に応じて調整しましょう。
これにより、KPIが常にビジネスの現状に適合していることを確保します。

7. 可視化と共有

KPIの進捗を分かりやすく可視化し、組織内で共有することが重要です。
ダッシュボードやレポートを使用して、チームが目標に対する進捗を一目で把握できるようにしましょう。
これにより、目標に対する意識が高まり、チームのモチベーションも向上します。

8. アクション指向

KPIが示すデータだけでなく、それが意味する行動にも注意を向けましょう。
KPIが目標を達成するための手段であることを理解し、それに基づいて具体的なアクションプランを立てることが大切です。

例えば、ある企業のKPIが「ウェブサイトの訪問者数を10%増加させる」というものだった場合、
このKPIに基づいて具体的なアクションプランとして「ソーシャルメディアでの広告キャンペーンを強化する」や
「新しいブログ記事を週に2回公開する」などの行動を計画します。
このように、KPIに基づいて具体的な行動を決定することで、目標達成に向けて効果的に進むことができます。

9. 結果とプロセスのバランス

結果指向のKPI(例:売上、利益)だけでなく、
プロセス指向のKPI(例:顧客満足度、製品の品質)も設定することを検討しましょう。
これにより、短期的な結果だけでなく、長期的な成功にも焦点を当てることができます。

10. 柔軟性を持つ

市場や業界の変化に適応するために、KPI設定に柔軟性を持たせることが重要です。
新しい情報やデータが入ってきたとき、KPIを柔軟に調整して戦略を最適化しましょう。

効率的なKPI設定は、ビジネスの目標を明確にし、組織全体で共有し、継続的に見直すプロセスを含むものです。
上記のコツを活用して、KPIが実際のビジネス目標に沿ったものとなるように、設定と管理を行ってください。

 

分析ツールを活用

今は分析ツールも個人で無料で利用できる時代です。
Google Analyticsなどの分析ツールを積極的に活用し、PR活動の効果を把握します。
これにより、次回のPRプランに生かすことができます。

フィードバックを活かす

PR活動中や終了後に受け取ったフィードバックは貴重な資料です。
消費者の声を元に、PR活動を改善しましょう。

 

PRプランのまとめ

PRプランを立てるときは、
目的とターゲットを明確にし、予算を決めた上で、最新のトレンドを取り入れつつ、効果的なコンテンツを提供することが大切です。
また、活動の効果を測定し、フィードバックを活かすことで、より良いPRプランを作成することができます。

PR戦略で事業の成功と成長を目指しましょう!

関連記事

  1. インターネット広告の課金の仕組み

  2. テレビとネットのどちらを信頼しているか?

  3. マスメディア広告とインターネット広告を比較

  4. ⑤消費者の行動心理学とマーチャンダイジング

  5. 記憶に残る広告キャンペーンの事例分析!

  6. リテールメディアの未来予測:その成長の秘密とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP