インターネット広告の基礎知識

トリプルメディア: 3つのメディアを連携させる新たな広告戦略(2024年)

現代社会では、情報が数限りなく存在し、それらが瞬時に共有されています。
このような環境下で、企業が自社のブランドや製品を適切に伝え、顧客との強固な関係を築くためには、
適切なマーケティング戦略が不可欠となります。

特に、マーケティングにおけるメディア活用の方法は非常に難しくなっています。

そのような状況において、『トリプルメディア』という考え方は重要な要素となっています。
これは、『ペイドメディア』『オウンドメディア』『アーンドメディア』という3つのメディアを効果的に組み合わせることで、
情報発信と収集、そして顧客との関係構築を一層強固にする戦略のことを指します。

 

広告業界必須の概念: トリプルメディアとその活用法

 

この記事では、その『トリプルメディア』について詳しく解説します。
読み進めることで、マーケティングに対する新たな視点を得ることができます。

トリプルメディアは、現代のマーケティング戦略において重要な概念となっています。
その3つの要素、すなわちペイドメディア、オウンドメディア、そしてアーンドメディアはそれぞれ異なる性質を持ちつつ、
相互に連携してマーケティング効果を最大化します。

  • ペイドメディア(Paid Media):
    企業が費用を支払って購入する広告メディアのことを指します。テレビ、新聞、雑誌の広告、インターネット広告などが含まれます。
    ペイドメディアの特徴は広告主がコンテンツの内容を完全にコントロールできることと、ターゲット層に対して自由にアプローチできることです。
  • オウンドメディア(Owned Media):
    企業が自社で所有・運営しているメディアを指します。自社ウェブサイト、ブログ、メールニュースレター、アプリケーション、カタログ、パンフレット、イベントなどが含まれます。

    オウンドメディアの主な役割はユーザーに対する情報提供と、ユーザーとのコミュニケーションの場を提供することです。

 

  • アーンドメディア(Earned Media):
    企業が広告費を支払うことなく、消費者やメディアの自発的な口コミや評判によって得られるメディアのことを指します。
    SNSの投稿、ブログの記事、レビューサイトの評価などが含まれます。

    アーンドメディアは消費者の信頼を得やすく、また広く拡散されやすいという特性を持っています。

トリプルメディア戦略を成功させるためには、これら3つのメディアをバランス良く、また相互に補完しながら活用することが求められます。
ペイドメディアによってブランドや商品の認知度を上げ、オウンドメディアで信頼性を高め、アーンドメディアを通じて広く情報を拡散するといった戦略が考えられます。

 

トリプルメディア活用の要点

 

トリプルメディア活用の要点として、下記内容を押さえておくといいでしょう。

『トリプルメディア』では、3つのメディアが連携して動くことを重視します。

 

具体的な取り組みには以下のようなものがあります:

  1. ペイドメディアを活用したオウンドメディアへの誘導:
    広告(ペイドメディア)を通じて、消費者を自社のウェブサイトやブログ(オウンドメディア)へと誘導します。
    例えば、ソーシャルメディア広告や検索エンジン広告を通じて、新製品の詳細情報や専門的なブログ記事へとリンクを張ることがあります。
  2. オウンドメディアでの価値あるコンテンツの提供: 自社のウェブサイトやブログ(オウンドメディア)では、消費者にとって有益な情報を提供します。
    これにより、消費者が自社のブランドに信頼感を持ち、再訪問を行う確率を高めることが可能です。
  3. アーンドメディアの活用: 消費者が自ら広めるメッセージ(アーンドメディア)を促す活動を行います。
    例えば、SNSでのハッシュタグキャンペーンや、商品やサービスについての口コミを促すレビューキャンペーンなどがあります。
    この種のアプローチは、ブランドの信頼性を高め、新規の消費者を引きつける力があります。
  4. 全てのメディアの統一感: ペイド、オウンド、アーンドメディア全てで一貫したメッセージとブランドイメージを保つことが重要です。
    これにより、消費者に対して明確かつ一貫したメッセージを伝え、ブランドの認知度と信頼性を高めることが可能となります。

これらの取り組みは、相互に関連し合いながら効果を発揮します。
これら3つのメディアを効果的に組み合わせることで、広告効果を最大化し、消費者との強固な関係を築くことができます。

なお、これら3つのメディアの中で最もコントロールが難しいのがアーンドメディアです。
消費者の声が直接反映されるため、企業のブランドイメージや評判に大きな影響を与える可能性があります。

そのため、アーンドメディアを効果的に活用するためには、
『顧客との良好な関係を保つこと』『製品やサービスの品質を一貫して高めること』
そして『顧客の意見を収集し、それに応じた改善を行うこと』などが重視されます。

 

なお、「トリプルメディア」と同様に、
「メディアミックス」や「クロスメディア」も重要な広告用語であり、それぞれの違いを理解しておくことも役立つでしょう。

『メディアミックス』は異なるメディアを組み合わせて広告効果を最大化する戦略を指し、
『クロスメディア』は異なるメディアが連携し、一貫したメッセージを発信する戦略を指します。

 

 

 

AIDMA(アイドマ)からAISAS(アイサス)も基本知識です。

関連記事

  1. 広告業界で成功するための10のスキル

  2. デジタル時代のマーケティング戦略とは

  3. 世界の広告代理店ランキング:日本勢の存在感は?

  4. ベネフィットとは?ベネフィットの理解と活用法

  5. 広告代理店の仕事はきついか?

  6. 広告の世界が変わる?Cookie廃止の影響とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP