広告業界の基礎知識

デジタル時代のマーケティング戦略とは

デジタル時代のマーケティング戦略とは

広告代理店に求められるTOP5に記載したデジタルマーケティング戦略について、
もう少し詳しく説明します。

『デジタル時代のマーケティング戦略』
これを一言でまとめると、
『多様な手法やプラットフォームを駆使し、ターゲットオーディエンスに対して最も効果的なリーチを行う戦略』を提供すること。です。
具体的には以下の8つの点が重要となります。

 

広告代理店が求められるデジタル戦略とは

①検索エンジン最適化(SEO)

SEOは、ウェブサイトの検索エンジンでのランキングを向上させるための手法です。

インターネット初期から変わらぬ手法で、
検索キーワードのリサーチ、リサーチに基づく、コンテンツの最適化・内部リンク構造の改善・外部リンクの獲得などです。

クライアントが検索して欲しいキーワードで上位表示されるようにする対策です。

②検索エンジンマーケティング(SEM)

SEMは、主に広告を用いた検索エンジンでの露出を増やす手法です。

①と併用した戦略で、Googleなどのプラットフォームを利用して、キーワードに基づいた広告を配信します。

①は自然な露出で②は広告による露出です。
検索エンジンで「肌荒れ」とキーワード検索したユーザーに対して、「肌荒れ」に関する商品やサービスの広告を表示させることができます。

③ソーシャルメディアマーケティング(SMM)

SMMは、TikTok、Facebook、Instagram、Twitterなどのソーシャルメディアプラットフォームを活用して、
ブランドの認知度や顧客エンゲージメントを向上させる手法です。

今の時代避けては通れない必須なマーケティング手法です。

例えば、
ファッションブランドがInstagramでスタイリッシュな写真や最新コレクションの情報を投稿することで、
フォロワーを増やし、ブランドファンを獲得できます。

④コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、
ターゲットオーディエンスに価値を提供することを目的としたコンテンツの制作・配信を行う手法です。

不動産屋が、不動産情報だけでなく、家の清掃に関する情報を発信したり、金融機関が節約に関する情報やアドバイスを提供したり、
車メーカーが、快適なドライブ情報を発信し、顧客の信頼を得てビジネスの拡大を目標とします。

⑤メールマーケティング

メールマーケティングは、
ターゲットオターゲットオーディエンスに対して、メールを通じて情報やプロモーションを提供する手法です。

LINEなどのSNSの活用が増えてきていますが、
顧客との関係を強化し、リピート購入や顧客ロイヤリティを向上させる為に、今でも重要な手法と言えます。

例えば、ユーザーに対して、限定セールや新商品の情報をメールでお知らせし、購買意欲を刺激することができます。

⑥インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングは、ソーシャルメディア上で影響力のある人物(インフルエンサー)と提携し、
彼らが自身のフォロワーに商品やサービスを紹介する手法です。

ステルスマーケティングなどに注意しながら実施をします。

美容やブランドなどで、人気インフルエンサーに自社のファッションやスキンケア製品を紹介させることで、
そのインフルエンサーのフォロワーからの購入を促すことができます。

⑦動画マーケティング

動画マーケティングは、YouTubeやInstagramなどの動画プラットフォームを活用して、ブランドのメッセージを伝える手法です。

動画は視覚的で訴求力があり、短い時間でテキストより多くの情報を伝えることが可能です。

家電メーカーが新製品の使い方や機能を紹介、寝具メーカーが寝具の優位性を動画で紹介など、
動画はテキスト以上に消費者に製品の魅力を伝えることができます。

⑧リターゲティング

リターゲティングは、一度ウェブサイトを訪れたユーザーに対して、再度広告を表示させる手法です。
これにより、興味を持っているが購入に至らなかったユーザーを再び取り込むことができます。

一度関心を持ったユーザーに対し、繰り返しその情報を発信することができるため、効率的に販売を促すことが可能です。

上記8点を実施することで、企業は顧客とのつながりを強化し、最終的にはビジネスの成長に寄与することが可能になります。

続いて、上記戦略をうまく組み合わせて、
効果的なマーケティングキャンペーンを成功させるためのポイントについてもいくつか挙げます。

マーケティングキャンペーンを成功させる5ポイント

①ターゲットオーディエンスの理解

デジタルマーケティング戦略を成功させるためには、
まずターゲットオーディエンスを正確に把握し、彼らのニーズや関心事に応じたコンテンツや広告を提供することが重要です。
これにより、効果的なリーチやエンゲージメントが期待できます。

②データ分析と改善

デジタルマーケティングでは、さまざまなデータの収集・分析は必須です。
これらのデータを活用して、キャンペーンのパフォーマンスを評価し、必要に応じて改善策を実施することが求められます。
データ分析を通じて、より効果的な戦略を展開できるようになります。

③マルチチャンネル戦略の実施

デジタルマーケティングでは、様々なプラットフォームや手法が利用できます。
消費者はさまざまなデバイスやチャンネルを使って情報を得るため、マルチチャンネル戦略を実施し、顧客との接点を増やすことが重要です。

④コンテンツの質と量のバランス

デジタルマーケティングでは、コンテンツの質と量のバランスが重要です。
一貫性のある高品質なコンテンツを継続的に提供することで、ブランドイメージを向上させ、顧客との信頼関係を築くことができます。

⑤効果測定とROIの最大化

デジタルマーケティング戦略を成功させるためには、効果測定とROIの最大化が不可欠です。
投資対効果を高めるために、効果的な戦略を継続的に見直し、適切な調整を行うことが求められます。

デジタルマーケティングの手法は日々進化しており、
新しいプラットフォームや技術が登場することで、より多様なアプローチが可能になっています。

最後に、広告代理店が最新トレンドに乗り遅れない為に対応すべき5つのポイントを簡単に紹介いたします。

トレンドに乗り遅れない方法

 

①スタッフの継続的な教育

デジタルマーケティングの最新トレンドに常に追いつくためには、スタッフの教育とスキルアップが不可欠です。

②新しい技術の活用

新しいプラットフォームや技術を即座に活用し、マーケティング戦略に取り入れることが求められます。

③コミュニケーションの強化

デジタル時代の顧客とのコミュニケーションはリアルタイムで、また、個別に対応することが必要です。

④パーソナライゼーション

顧客一人ひとりのニーズに対応したパーソナライズされたマーケティングが求められます。これにはデータ分析やAIの活用が重要となります。

⑤セキュリティとプライバシーの確保

顧客の情報を適切に保護するため、セキュリティ対策やプライバシーポリシーの見直しが必要です。

長くなりましたが、『デジタルマーケティング』について詳細をまとめました。

生き残る為に、しっかりと取り組んでいきましょう。

関連記事

  1. マーケティングって必要なのか?

  2. マイクロインフルエンサーに注目!

  3. 新聞発行部数2019年3月(5大全国紙)

  4. “大手と中小!広告代理店の内側から見た仕事の全容とは?&#…

  5. 日本の広告費は10年間でどのように推移したか?

  6. プライバシーの強化とコンテキスト広告の台頭とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP