コラム

広告業界初心者必見!広告代理店とPR会社の差異をわかりやすく紹介

広告代理店とPR会社って何が違うのか?
未経験者やこれから就職する方には分かりづらいと思います。

今日は、その違いを分かりやすく説明しましょう!!
この記事を読めばその違いが良く分かるようになっています。

仕事の分担(異なる担当部署)や作業内容・売上の構造の観点から説明しましょう。

 

広告代理店とPR会社の違いを解説

まずは、基本的な立ち位置が異なります。

一般的に、クライアントの企業や組織内では、
広告代理店とPR会社が担当する業務を異なる部署で管理されることが多くなっています。

『広告代理店』は主に宣伝部やマーケティング部と連携して働きます。
宣伝部やマーケティング部は、商品やサービスの認知度を向上させることや、
顧客に対して直接的なアピールを行うことを目的としています。
メインの作業としては、宣伝費として広告媒体を購入し発注する部署となります。

 

 

広告代理店は、
これらの目的に沿って広告の企画・制作・運用を行い、広告主の商品やサービスを宣伝します。

一方、
『PR会社』は主に広報部やコーポレートコミュニケーション部と連携して働きます。

広報部やコーポレートコミュニケーション部は、
企業や組織のイメージ向上や評判管理、ステークホルダーとの関係構築を目的としています。

 

PR会社は、これらの目的に沿ってコミュニケーション戦略の立案・実行を行い、
企業や組織のイメージや評判を向上させることを目指します。

 

ただし、
実際の業務は企業や組織の規模や構造によって異なるため、
必ずしも明確に分かれているわけではありません。

PR会社が広告媒体の手配を行うこともありますし、
広告代理店がPRの業務を行う場合も多々あります。

このような場合は広告代理店がPR会社に業務を発注するパターンも多くなります。

 

クライアントが両社に求める役割の違い

 

広告代理店の特徴と役割:

  1. クリエイティブな企画・制作:
    広告代理店には、魅力的な広告コンセプトやデザインを作成を期待します。
    このことで、ターゲットオーディエンスの注意を引き、商品やサービスへの関心を持たせます。
  2. 広告媒体の選定と購入:
    広告代理店には、ターゲットにマッチした適切な広告媒体の選定と効率的な広告枠を購入を期待します。
    これにより、広告主のメッセージが最も効果的に伝わるように配信されます。
  3. 成果測定:
    広告代理店は、広告の効果を分析し改善策を提案します。
    このことで、自社の目標達成に向けた最適な戦略が継続的に実行されるようになります。

PR会社の特徴と役割:

  1. コミュニケーション戦略の立案:
    PR会社は、企業や組織のコミュニケーション戦略を立案します。
    このことで、企業や組織のイメージや評判が向上し、ステークホルダーとの良好な関係が築かれます。
  2. メディアリレーションズ:
    PR会社は、マネージャーが選手のニュースを報道機関に伝えるように、企業や組織のニュースや情報をメディアに発信します。
    企業や組織の認知度が向上し、信頼性が高まることを期待します。
  3. イベント企画・運営:
    PR会社は、ファンイベントやプレス発表会などの企画・運営を行います。
    目的は、企業や組織とステークホルダーとの直接的なコミュニケーションと、良好な関係の構築です。

上記のように、
広告代理店とPR会社は、それぞれ異なるアプローチや目的で企業や組織のマーケティング活動を支援しています。

広告代理店は、主に商品やサービスの宣伝を通じて売上や認知度を向上させることに焦点を当てています。

これに対して、
PR会社は、企業や組織のイメージ向上や評判管理を通じて、信頼性やステークホルダーとの関係構築に重点を置いていると言えます。

最適なマーケティング戦略を構築するためには、
広告代理店とPR会社の両方のサービスを組み合わせて活用することが効果的です。

例えば、
新製品のローンチ時には、広告代理店による広告キャンペーンで認知度を高める一方で、
PR会社によるメディアリレーションズやイベント企画で信頼性やブランドイメージを向上させることができます。

 

広告代理店とPR会社の利益構造の違い

両社の売上と利益構造の違いも説明します。

広告代理店とPR会社の売上や利益の構造にはいくつかの違いがあります。

広告代理店の売上や利益の構造:

  1. 広告媒体手数料:
    クライアントが広告を掲載する媒体(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、インターネットなど)
    に対して支払う費用から広告代理店が手数料を受け取ります。
  2. 広告制作費:
    クライアントから受注する媒体の企画、制作、デザインに関する費用。
  3. 媒体購入割引:
    広告代理店が媒体から受け取る割引。
    売上売る規模の多い広告代理店は大量、
    キャッシュバックという仕組みを媒体社と握っている場合が多々あります。

    期末などに、まとめて媒体から割引を受けることができ、その差額が利益となる場合があります。
  4. その他の収益:
    イベント企画やデジタルマーケティング、コンサルティングなどの付加価値サービスによる収益。

PR会社の売上や利益の構造:

  1. コンサルティング料:
    クライアントから受け取る戦略立案やアドバイスに関する費用。
  2. プロジェクト費用:
    各プロジェクトやキャンペーンに関連する作業(報道機関とのコミュニケーション、イベント企画、SNS運用など)に対する費用。
  3. 成果報酬:
    特定の成果(メディア掲載数、イベントの来場者数など)に達成した場合に受け取る報酬。
  4. その他の収益:
    メディアトレーニングやコンテンツ制作、デジタルマーケティングなどの付加価値サービスによる収益。

上記のように、広告代理店は広告制作や広告媒体の手数料を主な収益源としていますが、
PR会社はコンサルティング料やプロジェクト費用を主な収益源としています。

両者ともにその他の収益源としてイベント企画やデジタルマーケティング、コンサルティングなどの付加価値サービスを提供しています。
PR会社は手数料というより、活動に伴う人件費を請求してるイメージとなります。

 

広告代理店とPR会社の違いのまとめ

広告代理店とPR会社の違いを完結にまとめると、
広告代理店は商品やサービスの宣伝を通じて売上や認知度を向上させることに焦点を当てており、
クリエイティブな広告制作や広告媒体の選定・購入が主な役割です。

一方、PR会社は企業や組織のイメージ向上や評判管理を通じて、信頼性やステークホルダーとの関係構築に重点を置いており、
コミュニケーション戦略の立案、メディアリレーションズ、イベント企画・運営が主な役割です。

企業や組織はニーズや目標に応じて、
広告代理店とPR会社のどちら、または両方と連携することが重要です。
両者の違いを理解し、適切なパートナーを選ぶことで、効果的なマーケティング戦略を実現することがでるようになります。

こちらのページでは、
『広告vsPR』どちらの戦略を選ぶべきか?
戦略の観点から説明しています。

 

関連記事

  1. 初心者必見!“PRプラン”の立て方解説!

  2. テレビ視聴のトレンド:マルチスクリーニング

  3. 広告代理店の仕事内容とは!:主要職種別に解説!

  4. マイクロインフルエンサーに注目!

  5. 閉店したラーメン店の原価率

  6. 儲かっている飲食店のコスト構造とは!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP