広告業界の基礎知識

キャリアチェンジにおすすめ!広告代理店の最新求人状況を解説

コロナも落ち着き業績が回復傾向にある広告業界。

新卒や転職の求人状況はどうなっているでしょうか?

最新の状況をリサーチしてみました。

 

広告代理店の2023年最新求人状況

広告代理店の求人状況は、
他の業種と比較しても概ね良好な状況にあると言えます。

広告代理店はデジタルマーケティングの普及に伴い、
SNSや運用型広告などのデジタル分野での需要が高まっており、
新しい技術や手法を習得した人材の需要が増加しています。

この分野に関しては、コロナ時においても『人材不足が深刻』だったと言えます。

また、大手の広告代理店ではグローバル市場での展開を目指す企業も多く、
海外でのマーケティングや広告展開に関する知識やスキルを持つ人材も求められています。

但し、一方で従来型の広告代理店については、
求人状況は厳しい傾向があると言われています。

特に、テレビCMや新聞広告などの従来型メディア広告の需要が減少していることが主な要因となっています。

テレビ局や新聞社では早期退職などの処置が頻繁に実施されてるのが現状です。
その為、このようなメディアの扱いを中心としている企業では求人の需要は多くはありません。

 

しかし、広告代理店によっては、『従来型からの脱却』を目指し、
デジタルマーケティングの分野にも積極的に取り組んでいる企業もあります。

また、クリエイティブな広告制作やブランディングなどの分野では、
従来型の広告代理店の知見やスキルが求められる場合もあります。

したがって、
従来型の広告代理店での求人状況は、企業や業界によって異なるとも言えます。

 

このような状況において、
広告代理店は、より高度なデジタルマーケティングの知識やスキルを持った人材を求める傾向があります。
このような人材は『売り手市場』と言っても過言ではありません。

したがって、
マーケティングや広告分野に興味がある人にとって、
広告代理店の求人情報をチェックすることは、一つの選択肢となるでしょう。

デジタル系と従来型の広告代理店の求人状況を比較

インターネット広告の市場がテレビ広告の市場を抜いたこともあり、
デジタルマーケティングの需要の増加傾向は継続傾向にあり、
SNS広告や運用型広告、動画広告、プログラマティック広告などの分野での需要が高まっています。

そのため、
デジタルに特化した広告代理店やマーケティング会社が注目され、求人数も増加している傾向があります。

一方、マスメディアに特化した広告代理店においては、
テレビCMや新聞広告などの需要が減少傾向にあるため、求人数が減少しているという報告もあります。

ただし、デジタルに特化した広告代理店での求人においても、
新しい技術や手法に精通した人材が求められるため、採用難易度が高いという側面もあると言えます。

また、マスメディアに特化した広告代理店でも、
クリエイティブな広告制作やブランディングなどの分野においては、求人数が一定数ある場合もあります。

したがって、広告代理店の求人状況においても、
企業や業界によって異なるため、自身の志向やスキルを冷静に見つめ、人生設計にマッチした企業を選択することが重要です。

関連記事

  1. GRPとその活用法を理解する

  2. “広告業界の新たな潮流:セントラルメディア・バイイングとそ…

  3. 広告代理店の仕事はきついか?

  4. 広告代理店の仕事内容とは!!

  5. 広告代理店の組織はどうなっているのか?

  6. 広告業界で成功するための10のスキル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP